留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

オーストラリア情報

会社の夏休みを利用して短期留学に出発するお客様より、出発前の様子が届きました!

お休み日程の関係で木曜日に出発するお客様、準備は万端でジェットスターの機内に乗り込んだところ、機内はガラーンとすいていて、びっくりしました、とのこと。

確かに!

ゆったり座ってフライトを楽しめそうですね。


IMG_8979.jpg

まずはこの飛行機でゴールドコーストへ!
そこからオーストラリア国内線に乗り継いでシドニーへ!

是非素敵な夏休みとなりますように!

SKYフレンズオリジナルプログラム、オーストラリア・シドニーでの
「英語教師宅でマンツーマンレッスン付ホームステイ」ですが、
ご好評いただき、7月のご予約はフルとなりましたのでお知らせします。

8月9月はまだ空きがございます。

マンツーマンレッスンとオーストラリアの観光、リフレッシュ、ショッピングなど、
充実した時間を過ごしませんか!

1週間からご出発が可能です。

また、語学学校との併用も可能!
色々なプランが作成できますので、お気軽にSKYフレンズまでご相談ください。


a0950_000129.jpg

空きは少ない状況ですので、
ご検討されている方はお早めにSKYフレンズまでお問い合わせください。

会社の夏休み、学校の夏休みを利用して、是非マンツーマンレッスン付ホームステイを
ご検討ください!

SKYフレンズオリジナルマンツーマンレッスン付ホームステイ 詳細ページはこちら!





毎年ご好評いただいている夏休みのジュニア留学プログラム。

今年もたくさんのお問い合わせをいただいています。

今年、SKYフレンズでは、夏のジュニアプログラムを、安心のオーストラリア3都市に絞り、おすすめプログラムとしてご案内しています。

・ゴールドコースト
・ケアンズ
・シドニー

どの学校もサポートが充実!
毎年ジュニア留学生の受け入れをしているので、ジュニアのお客様の受け入れに慣れており、安心して学校での授業と日々の生活が送れます。

ジュニア留学は、ご本人様からだけでなく、ご家族からのお問い合わせも多く入ります。

留学に行ってみたいなと思う小学生、中学生、高校生のみなさま、
お子様を留学させたいとお考えのご両親様、
是非お気軽にSKYフレンズまでお問い合わせください!


a1180_002120.jpg


2012年夏のジュニア留学プログラムの紹介ページはこちら







SKYフレンズより、日頃のご愛顧に感謝して、期間限定&人数限定で、特別割引の留学プランを作りました!

まずは第1弾、オーストラリア・シドニーへの1年間の留学が、最大40万円割引になる特別プランのお申込みがスタート!

シドニーにある人気の語学学校、Sydney College of Englishとのコラボレーション企画です。

学校48週間とホームステイ8週間がついた特別価格!

2012年6月30日までのお申込みで、適用できます。
ご出発は年末でも大丈夫!

詳しくはSKYフレンズまでお気軽にお問い合わせください!

a0027_000028.jpg

キャンペーンについての広告ページはこちら

キャンペーン対象の語学学校Sydney College of Englishの学校紹介ページはこちら



毎年ご好評をいただいている夏休みのジュニア留学。

ジュニア留学に参加される方は、初めての海外、初めての一人旅という方がほとんどですが、
SKYフレンズでは、現地のケア・サポートが充実していて安心の学校を選んでご案内しています。

渡航前は楽しみと不安が半分半分だったお客様も、帰国されるころにはすっかり現地に慣れて
「帰りたくないかも」なんて声も聞けるほどです!

日本で待つご家族からは、帰国された後のお子様のたくましい成長に驚かれたという声をたくさんいただきます。


今回は昨年(2011年)にオーストラリアのケアンズにあるサンパシフィックカレッジへのジュニア留学に参加されたお客様からの体験談の一部をご紹介します!


=============================================================

このお客様は当時12歳の中学一年生。
一人で飛行機に乗り出発。ケアンズで3週間を過ごしました。


・学校の先生はいかがでしたか?

------- みなさんオープンでとても優しくなじみやすかったです。

・授業内容はいかがでしたか?

------- 英語で歌を歌ったり、ゲームをしたりしました。

・ホストファミリーはいかがでしたか?

------- ホストマザーとホストファザーと子供たち(2人)がいて、たまに親せきの人も来て、にぎやかで楽しかったです。部屋も一つくれて、食事はピザやパスタがあり、とてもおいしかったです。
食事の後片付けなどのお手伝いをしました。ホストファミリーと一緒に買い物や子供のフットボールクラブの観戦などにも行きました。

・留学してよかったと思うこと、困ったことはなんですか?

------- 英語に少しは慣れたことがよかったです。留学する前の自分と比べて、心が広くなったと思います。困ったのは、英語がなかなか話せなかったことです。

=============================================================

Sun Pacific Collegeは日本人スタッフが常駐し、ケアが行き届いている学校として有名です。

また、ケアンズの街の中心地にあるので、交通も便利!ジュニアプログラムでは、毎日学校への送迎はホストファミリーがしてくれますが、学校への行きかえりも、道で寝ている動物を目にしたり、新鮮な体験がたくさんあります。

今年(2012年)も、Sun Pacific Collegeのジュニアプログラムの予約が開始されました。

Sun Pacific Collegeのジュニアプログラムは6歳~17歳の方が対象です。

この夏の留学をご検討中の小学生・中学生・高校生、そしてご家族のみなさん、
是非お気軽にSKYフレンズまでお問い合わせください!


2012年ジュニアプログラムの詳細はこちらからどうぞ!






 










ケアンズ滞在中のお客様から、ホームステイ先の様子についてと学校の初日のテストについて、
現地報告をいただきました。
これからホームステイをされる方、検討中の方へのご参考になればとのことで、ブログへご協力いただきました!ありがとうございます!


2)ステイ先はこんな感じです。

お父さんお母さん(妊娠中)
小学生の姉妹2人

家はタクシーの人によると
富裕層のエリアらしく、
家も新しくて2階立てで大きいです。

1階に私の部屋・私専用のバスルームがあって
2階にリビングがあるので大体は
そこでみんなで過ごしています。

ご飯は思ったよりおいしいです。
嫌いなもの聞いてくれたり
食べたいものあるか聞いてくれますし、
残ったら翌日のランチ用につめてくれます。


主食はマッシュポテトです笑
でもパスタだったりライスだったり
お母さんも妊娠中なので
野菜などバランスよく出してくれます。


部屋はベッドが2つあって机があって
ワードローブがあります。クーラーは無いですが
隣の部屋にクーラーがあるので暑くはないですね。


おばあちゃんちが近いので
プールに泳ぎに行ったりしてます。


でも他のステイ先聞いてると
やっぱりピンキリ?ですね~
けっこうドライな家庭もあるみたいですし。
トラぶってる子もいましたね。




3)入学テスト

グラマーとスピーキングとライティング
ライティングは自分の過去現在未来についての作文
スピーキングはスモールグループでなんで
英語を学びたいのか話したりしました。

オリエンテーションも
アクティビティーやイングリッシュオンリー
説明しただけですぐ終わりましたね。
すぐクラスもう始まりましたし。
2月に、お仕事の長期休みを利用して1か月間ケアンズに滞在しているお客様から現地の様子が届きました。
ケアンズの語学学校Cairns College of Englishに通学中です。

ホームステイや学校の様子などをメールで教えていただいたのでアップします!


1)1日の流れ

朝起きて自分で朝食をとり、学校に向かいます。
バスで15分くらいです。
午前中に1時間半、モーニングブレイク、
また1時間半授業を受けてみんなでランチルームで
食事を取って、午後は1時間の授業だけ。
(14時半に全部の授業が終わります)

ほぼ毎日アクティビティーがあるので
出たいのがあったら参加しています。
クッキー作りやヨガやビリヤードなどをしました。

そのあとは友達と街をブラブラして
17時過ぎに街を出ます。
ホームステイの人はほとんどみんな
夕食時間が18時半ぐらいなので。

食後はステイ先の子供と遊んだり
テレビを見たり宿題をしたりインターネットしたり‥
10時ぐらいに寝ちゃいます。
(寝る時間が早くなりました笑)

放課後はクラスメイトの誕生日パーティ行ったり
ナイトクラブに行ったり、ラグーンで泳いだり
ステイ先の親戚の家に遊びに行ったりしています。

1日の流れとしてはこんな感じです。

土日は学校のアクティビティーあったり
各自でツアーでいろいろ申し込んだり
ステイ先で過ごしたりさまざまですね。

今全部が楽しいです!!!

ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在中のお客様から近況報告がありました。
 
ワーキングホリデー中の方がどのような生活をしているのか、垣間見れますね。
一部をご紹介します。
 
==================================================================
学校もあっという間に終わってしまいました。でも、継続は力と思ってバイト前にシドニー大の図書館で勉強しています。なかなか使わないとすぐに忘れてしまって大変です。
 
週末は友達とパブに飲みに行ったりして、できるだけ英語圏の人たちと話して交流を持つようにしています。
 
 
さて、バイトの話ですが、私は今日本食レストランで働いています。前のルームメイトの紹介だったので、これといって就職活動みたいなのはしていません。
 
今は週5回で入っていて、営業時間は6時から10時です。5時半からみんなでまかないの夕飯を食べます。10時ピッタリに終わることはなく、お客さんが残っている限り帰れません。それから掃除やらなんやらやって帰宅が11時くらいになることがほとんどですね。その分まで給料がもらえるのでまぁ不満はありませんが。
 
しかもうちのレストランはいいことに最後に翌日のランチボックスまでもらえます。つまり働くことで2食が浮きます。これは大きいですねーなので最近食材の買い出しをしなくなりました。
 
時給は10ドルスタートで2週間の研修を終えて、今は11ドルもらっています。
給料にTaxは含まれず、手取りでもらえてかつ、ご飯2食もついているので悪くないと思います。
 
レストランは忙しく、ローカルの人たちが多く来ます。
電話もよく鳴って、最初はだいぶ苦戦しました。何いってるかほんとにわからなかったんです。電話切られたこともあって泣きそうでした。
今はだいぶ慣れて電話注文も取れるようになりました。苦手意識はありますが・・・・^^:
==================================================================
 
 
学校に通う期間終了後も図書館で勉強したり、現地の人と交流できる機会を設けたりして英語力アップのため努力されているようです!素晴らしい!
是非、残りの期間も楽しく、充実した毎日を過ごしていただきたいです。
 

ジェットスター日本就航4周年大感謝祭SALE!

 

なんと、 ケアンズ ・ ゴールドコースト までの

航空券代金は片道 ¥400 です!

 

燃油代金や空港税などは別途かかりますが、大変お得です。

税込価格は、¥20,840 ~です。

 

オーストラリアに語学留学やワーキングホリデーをご検討している方は、

是非この機会をご利用ください。

 

通常は留学やワーキングホリデーを決めるのには、①都市を決めて、②語学学校を決めて、

③滞在方法を決めて、④出発日を決めて、⑤航空券を購入します。

 

しかし、通常の順序とは違いますが、今回はジェットスターの航空券が大変お得ですので、

航空券を先に購入してから、語学学校やホームステイを決めることもできます。

 

セール期間と席数の限りがありますが、是非ともこの機会をご利用ください。

 

ジェットスターのホームページより ↓

ジェットスターは、今年ついに日本就航4周年を迎えます。これまでのみなさまへの感謝のキモチをこめて、メモリアルイヤーにふさわしい超プレミアムなスペ シャルセールを実施することになりました。青い海、白い砂浜、雄大な大自然、楽しいマリンスポーツや極上のリラックス体験など、多彩な魅力にあふれる国・ オーストラリアが、あなたをきっと元気にしてくれます!この機会にぜひオーストラリアへ!

 

特別セール運賃
販売期間2011年7月9日13時30分~23時59分までの限定販売!
(販売期間中でも完売の場合は終了とさせていただきます)

  jetstar01.jpg

 

詳しくは下記のジェットスターホームページをご確認ください。

http://www.jetstar.com/jp/ja/JQ4bdaysale792011

 

 

 

 

シドニーカレッジオブイングリッシュ(SCE)では、医療英語コースが人気です。

生徒さんは、各国のナースや医師、医学部を目指す学生さんなど多岐に渡り、みなさん、医療を志す中で、英語力も身に付けるため、日々努力されています。

今回は、日本人スタッフさちこさんから伺った、昨年行われた病院見学の様子を紹介いたします。

 

 

シドニーカレッジオブイングリッシュ(SCE)の日本人スタッフさちこさんと本日お会いしました。

さちこさんは、現在シドニー在住ですが、さちこさんが日本に帰国する際にはいつもお会いし、現地の情報や学校の様子など、色々なお話を聞かせていただいています。

今回も、たくさんの現地情報や、現在SKYフレンズからSCEに留学しているお客様の様子をうかがうことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

また、さちこさんのお話から、ご自身の留学経験と合わせて生徒のみなさんの立ち場に立って親身にサポートしている姿が伝わり、安心してお客様をご紹介できる学校だと改めて感じました。

シドニーカレッジオブイングリッシュならではのアットホームな校風で、アクティビティも多く、多国籍な生徒のみなさんの楽しい留学の様子を伺いましたので、さちこさんからの情報やお得なキャンペーン情報を順次アップします

blog22.jpg 

<2011年5月SCE情報>

・現在生徒の7割の方が学生ビザで長期滞在、他3割はワーキングホリデービザと観光ビザとのことです。ワーキングホリデービザを利用して通学している方も、真面目に英語力アップに取り組んでいる方ばかりとのことで、学校の雰囲気はとてもいいそうです。

・2011/5/23~クラスのレベル分け名称が少し変わり、中級ABC、中級上ABCなどのABCのクラス分けがなくなるとのことでしたが、レベル数は今までと変わらず、10~13の細かなレベルでのクラス分けがあるとのことです。

・1クラスの最大人数は、一般英語コースが最大15名、ケンブリッジコースが最大12名と、今までより1クラスの最大人数を減らしたので、よりきめ細かな授業が可能に!

・人気の医療英語コースや中学高校進学準備コースなど、専門性の高いコースも充実!

・オーストラリアとニュージーランド両方で英語を学びたい方向けに、オーストラリア⇔ニュージーランド間片道航空券プレゼントキャンペーン実施中!詳細はキャンペーンページをご確認ください。

blog23.jpg blog24.jpg 

Sydney College of English | SCE紹介ページはこちら

初夏の特得SALE!!

オーストラリア、ニュージーランド、アジアの広範なネットワークに及ぶフライトを提供しているジェットスター航空にて、スペシャルなセールを開催!おトクなプライスは今だけ限定です。

 

留学やワーキングホリデーにてご出発のみなさん、出発の期間は限定されますが、通常安くても片道3万円くらいする航空券が今なら7000円~!(出入国税や燃油サーチャージは別途かかります)

 

SKYフレンズの特別料金と合わせて、留学やワーキングホリデーをお得に

ご出発してください。

 

販売期間:2011年5月14日(土)21時まで(販売期間は延長される場合がございます。)


blog21.jpg燃油サーチャージ(台湾は往復7,000円、オーストラリアとニュージーランドは往復28,000円)、航空保険料、各種税金、空港施設使用料及び旅客保安サービス料(成田空港のみ)が別途必要となります。当セールは特定のスタークラスとエコノミークラスにのみ適用されます。

*1ゴールドコースト⇔オークランド間、大阪⇔台北間のフライトはエコノミークラスのみの運航となります。エコノミークラスには機内での食事・飲み物・コンフォートパック(毛布・アメニティキット)・エンターテインメントは含まれませんが、別途ご購入いただくことができます。ただし、台北便ではエンターテインメントはご利用になれません。

 

ジェットスター航空のホームページは、こちら

 

 

 

ジオスグループのオーストラリア校(シドニー、メルボルン、パース、アデレード、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベン)各キャンパスが、1月29日に突然の閉鎖となりました。

現在は各キャンパスに、張り紙が張られ、授業が行なわれない旨が、留学生に伝えられています。

 

情報によると、今後事業が継続してできるか、また他の語学学校へ転校ができるか調査している段階とのことです。今後は公的機関がいくつかの学校を選び、留学生の転校手続きが進められる事になるようです。

 

ジオスグループは、世界中に500校ほどの語学学校がありますが、それぞれの国によって個々の会社として運営をしており、財政上でも独立をしております。

よって、今回問題となっているジオス・オーストラリア校以外(アメリカ・カナダ・イギリス・ニュージーランド)のジオスグループの語学学校では、現在も通常通り授業が行われており、オーストラリア各校の閉校とは関係ない旨を発表をしています。

 

SKYフレンズでは、このような予期せぬ事態に備えて、弊社でご紹介している語学学校などと提携をしており、至急近郊の語学学校へ転校をできるようサポートしております。

 

 

 

 

 

シドニーのおすすめクリニック

パシフィックゲートウェイ シドニー校の日本人スタッフさとこさんからの情報です。

先々週末、私は風邪をひきお医者さんに診てもらいました。「風邪を引いた」とか「ちょっと具合が悪い」と親に言うと特に母親はやたらと反応し「今すぐパスポート作ってそっちに行くから」と大騒ぎします。と言いつつ来たことはありませんが・・・)それだけ留学先での病気や怪我というのは、本人だけでなくその家族を心配にさせるんですよね。

しかし幸いシドニーは、日本人のお医者さんや歯医者さんのいるクリニックが充実していて、シティ内にも多くあり、英語ができなくてもきちんとした診察と薬の処方を日本語でしてもらえます。ここに私のお薦めクリニックをご紹介します。

 

1.ペックシティクリニック
女性の日本人医師がいます。土曜日も開いていて、同じビルに薬局とメディバンクがあるので診察後の薬の購入と診察費の払い戻しが一度にできて便利です。

 

2.タウンホールクリニック
土日両方診療しているのが特徴。年中無休。場所も分かりやすく、日本人のお医者さんが診てくれます。

 

3.ジョージストリートメディカルセンター
セリーナさんというお医者さんが日本語がペラペラのため助かります。学校から一番近く、歩いて3分の場所にあるため、通学途中で起こったケガや、授業中気分が悪くなってしまった学生さんなんかにはここを勧めています。

 

どのビザの方も、病院での診察をカバーするような海外傷害保険に日本で加入してくることを強くお薦めします。上記のお医者さんの中には、海外保険が適用される範囲の場合キャッシュレス(その場の現金払い不要)で診察を受けることもできるからです。

留学生活も健康な体あってこそ。医療費はけちったりせず、すぐにお医者さんに診てもらうのが一番です。

パシフィックゲートウェイ シドニー校の日本人スタッフ、さとこさんからのシドニーの紹介です。


シドニーに住んでから3年と3ヶ月があっという間に経ちました。先日とあるエージェントさんとお話をしていたとき、「(シドニーは)長く住んでも飽きない街だよね」と言われて自分も納得。ではシドニーの何が好きなのか、改めて考えてみました。


海が近い・空がいつも青い
バスや電車でふらっと行ける綺麗なビーチがたくさんあり、夏場はもちろん、ちょっと気分転換したいときや仕事帰りにも行ける気軽さがありがたい。
週末うちの学生さんもよくブロンテやクージービーチで今もバーベキューを楽しんでいます。快晴の日も多く、それだけで気分が明るくなります。

  blog99.jpg冬も寒くない・夏が長い
これから始まる6月から8月までがシドニーの冬ですが、日本の冬ほど寒くならず、日中の最高気温は17度くらいまで上がります。ジャケット、コートは毎日必要ですが、手袋は私は今までシドニーで使ったことはありません。コートもトレンチコートでOKです。


食べ物が美味しい・日本食も気軽に手に入る
シドニーの人達は、老若男女問わず、美味しいレストランやカフェの話が大好きです。日本の東京ウォーカーのような情報誌が特にない代わりに、新聞の記事や口コミをあてにしています。以前うちの学校の日本人学生の女の子グループに「日本語ガイドブックに載っていないシドニーグルメガイド」というのを作って渡したら(もちろん英語で書きました)とっても喜んでくれました。


買い物に困らない・交通機関が遅くまで使える
さすがに日本よりデパートの閉店時間は早いですが、市内のスーパーは夜12時まで開いているところも多くあり、木曜日のレイトナイトショッピングデーは、渋滞もあちこちで起こるほど張り切って買い物をする人たちが多いです。深夜バスも走っていて、週末遅くまで外出したとき便利です。

 

blog98.jpg他にももっともっといいところはあります。

シドニーっ子の特長については、移民が多い街なので、他国の文化に興味津々で、日本の話をすると喜んで聞きたがる人が多いです。トーキングコンテストを通して、よりたくさんの日本人学生がオージーと会話して、お互いを知って、視野を広げていって欲しいです。

シドニーでの生活費相場


シドニーはオーストラリアの他の街に比べて生活費がかかる街というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際留学生は1ヶ月どれくらい使っているのでしょう?

 

blog100.jpg今回はワーホリで来ているパシフィックゲートウェイのシドニー校に通っている舞子さんに1ヶ月間の出費について聞いてみました。

舞子さん札幌出身
日本ではアパレル関係の仕事をしていました。 

 

今年2月からワーホリでシドニーに来ています。 

 

パシフィック・ゲートウェイシドニー校には12週間通学し、 これから仕事探しをする予定。


交通費:シティに住んでいて学校まで歩いて来ているため通学費はゼロ
家賃:シェアで(光熱費込み・オウンルーム)1ヶ月560ドル
食費:外食も含めて1ヶ月で200ドルくらい
交際費、雑費:服、CD、携帯代、アクティビティの参加費、週末に出かけたときの出費で合計月に450ドルくらい


家賃と交通費が地元札幌より高いと感じているそうですが、全ての出費を合計して1ヶ月あたり日本円で12,3万円くらいになるそうです。食費は自炊しているので簡単に節約ができるということで、それはシェア生活のいい点ですね。シドニーは家賃と食費さえおさえられれば無理なく住める街です。また仕事をする場合、オーストラリアの他都市に比べて時給が高いのもシドニーのいい点です。

パシフィックゲートウェイインターナショナルカレッジ(Pacific Gateway International College)のシドニー校、日本人スタッフのさとこさんからの情報です。

 

フォームの始まり6月に入り、いよいよオーストラリア・シドニーは冬です。

 

冬といっても最高気温は17度くらいあり、夜中の最低気温もまだ12度くらいはあります。

 

真冬というのは7月、8月のことですが、それでも最低気温は78度くらいでしょうか。


これからオーストラリア・シドニーに来る予定の人、冬服はいりますが、日本ほど着込む必要はないと思ってください。



さて、新型インフルエンザの感染者がオーストラリアにも出てきて心配している人もいるかと思いますが、マスクをしている人は一人も見られないですし、学校も通常通り授業を実施しています。

 

 

オーストラリア到着直後の学生さんを7日間自宅謹慎に、というようなこともないです。

一応、報告でした。

さとこ in Sydney

 

日本から語学学校をお申込みする際に、不安に思う部分はお金を支払ったのに通うときに語学学校が閉校して、お金が戻ってこないのでは・・・・実際、世界的に不況なので、語学学校の倒産も中にはあります。

SKYフレンズでご紹介しているオーストラリアの語学学校は、下記の機関に加入をしている語学学校のみですので、万が一の際でもご安心ください。

語学学校選びのポイントに一つ加えていただければと思います。

 

政府認定校とは、非営利団体のNEAS(ニアス)と各州政府教育機関の査定をうけ、認可された政府公認の教育機関のことです。

NEASは、オーストラリアの英語教育機関を認定する公式なシステムを持つ団体で、学校のクラスのサイズや教師の採用基準(資格と履修課程)、教授方法と教材、宿泊手配、学生へのオリエンテーション内容、社会/文化活動、カウンセリングなどの細かな基準を査定します。

各州政府の教育機関では、学校の規約や返金保証などに関する査定がおこなわれます。留学生を保証するための2つの保険(TASとESOS)への加入をしているかなどを査定し、海外留学生の為の財務的な保証がおこなわれているかが、審査の対象となります。

たとえば、万が一、申し込みしたコースが閉講した場合や学校が閉校した場合は、転校手続きや学費の返金を受けられるシステムになっています。

上記のふたつの査定を通ると、正式にオーストラリアの学校として登録され、CRICOS(クライコス)の番号を取得することになります。

世界中の留学生を受け入れている教育機関は、現在、全豪で200校以上ありますが、各州政府の教育機関の厳しい審査を通っているので安心です。CRICOS番号を取得している学校は、海外留学生を受け入れる設備が十分整っている学校ということになります。

CRICOS番号を取得していない学校は、学生ビザの申請はできないため、観光またはワーキングホリデービザのみの受入れとなります。

政府認定校(NEAS)に加盟しているかは、パンフレットを見るとすぐに分かります。写真のようなLOGOマークや、CRICOS CODE(クライコスコード)と呼ばれる6桁番号が記載されています。

 

blog102.jpg  オーストラリアは、留学生に適切な教育を提供することを保証する為の国家法(「留学生のための教育サービス法: ESOS」)を制定している世界でも数少ない国のひとつです。留学生を受け入れる全ての教育機関は、政府への登録(「連邦政府登録制度: CRICOS」)を義務付けられており、教育内容や設備などのクオリティーが保証されています。

オーストラリアのケアンズにあるサンパシフィックカレッジの学校スタッフからの現地情報

ケアンズの物価は、オーストラリアの他の都市に比べても、とても低い物価で、暮しやすい街です。大きな食材の市場では、地元ならではの新鮮なフルーツや野菜、そしてシーフードなど、 豊富な食材が、 とても安い値段で売られています。ここでは、シェアハウスの家賃や生活に使用する主な日用品、食料品などの物価を表示しています。物価には、多少の変動があると思いますが、ケアンズで生活する大まかな目安として、ご参考にして下さい。

一週間の生活費
ケアンズに住む場合に必要な一週間の主な生活費です。
• シェアハウス A$ 90~130   • 食費 A$ 50   
• 電気代 A$ 10    • 公共バス A$ 25   • 電話代 A$ 15
• 衣料品類 A$ 35~   • エンターテーメント(娯楽) A$ 25

ケアンズの物価
ケアンズの主な食料品や日用品などの価格です。
• 米 10kg A$ 14   • 食パン (一斤 700g) A$ 3.50
• 卵 (12個) A$ 3   • 炭酸飲料 (375ml×18pack ) A$16
• 牛乳 3L A$ 3   • シャンプー 750ml A$ 10   • 石鹸 (4個) A$ 3
• 歯磨きペースト A$ 3   • インターネット・カフェ A$ 3 /時間
• タバコ A$ 10~12 /箱   • ビザ (ラージサイズ) A$ 8~10
• りんご(約6~8個) A$ 4 /kg   • ティッシュ (1箱) A$ 2~3
• トイレットペーパー (8 ロール) A$ 4~6   
• 映画代(SPC生徒の場合) A$ 10   • 缶ビール(30 缶入) A$ 30~40