留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

オーストラリア政府認定校について

日本から語学学校をお申込みする際に、不安に思う部分はお金を支払ったのに通うときに語学学校が閉校して、お金が戻ってこないのでは・・・・実際、世界的に不況なので、語学学校の倒産も中にはあります。

SKYフレンズでご紹介しているオーストラリアの語学学校は、下記の機関に加入をしている語学学校のみですので、万が一の際でもご安心ください。

語学学校選びのポイントに一つ加えていただければと思います。

 

政府認定校とは、非営利団体のNEAS(ニアス)と各州政府教育機関の査定をうけ、認可された政府公認の教育機関のことです。

NEASは、オーストラリアの英語教育機関を認定する公式なシステムを持つ団体で、学校のクラスのサイズや教師の採用基準(資格と履修課程)、教授方法と教材、宿泊手配、学生へのオリエンテーション内容、社会/文化活動、カウンセリングなどの細かな基準を査定します。

各州政府の教育機関では、学校の規約や返金保証などに関する査定がおこなわれます。留学生を保証するための2つの保険(TASとESOS)への加入をしているかなどを査定し、海外留学生の為の財務的な保証がおこなわれているかが、審査の対象となります。

たとえば、万が一、申し込みしたコースが閉講した場合や学校が閉校した場合は、転校手続きや学費の返金を受けられるシステムになっています。

上記のふたつの査定を通ると、正式にオーストラリアの学校として登録され、CRICOS(クライコス)の番号を取得することになります。

世界中の留学生を受け入れている教育機関は、現在、全豪で200校以上ありますが、各州政府の教育機関の厳しい審査を通っているので安心です。CRICOS番号を取得している学校は、海外留学生を受け入れる設備が十分整っている学校ということになります。

CRICOS番号を取得していない学校は、学生ビザの申請はできないため、観光またはワーキングホリデービザのみの受入れとなります。

政府認定校(NEAS)に加盟しているかは、パンフレットを見るとすぐに分かります。写真のようなLOGOマークや、CRICOS CODE(クライコスコード)と呼ばれる6桁番号が記載されています。

 

blog102.jpg  オーストラリアは、留学生に適切な教育を提供することを保証する為の国家法(「留学生のための教育サービス法: ESOS」)を制定している世界でも数少ない国のひとつです。留学生を受け入れる全ての教育機関は、政府への登録(「連邦政府登録制度: CRICOS」)を義務付けられており、教育内容や設備などのクオリティーが保証されています。