留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

シドニーの魅力

パシフィックゲートウェイ シドニー校の日本人スタッフ、さとこさんからのシドニーの紹介です。


シドニーに住んでから3年と3ヶ月があっという間に経ちました。先日とあるエージェントさんとお話をしていたとき、「(シドニーは)長く住んでも飽きない街だよね」と言われて自分も納得。ではシドニーの何が好きなのか、改めて考えてみました。


海が近い・空がいつも青い
バスや電車でふらっと行ける綺麗なビーチがたくさんあり、夏場はもちろん、ちょっと気分転換したいときや仕事帰りにも行ける気軽さがありがたい。
週末うちの学生さんもよくブロンテやクージービーチで今もバーベキューを楽しんでいます。快晴の日も多く、それだけで気分が明るくなります。

  blog99.jpg冬も寒くない・夏が長い
これから始まる6月から8月までがシドニーの冬ですが、日本の冬ほど寒くならず、日中の最高気温は17度くらいまで上がります。ジャケット、コートは毎日必要ですが、手袋は私は今までシドニーで使ったことはありません。コートもトレンチコートでOKです。


食べ物が美味しい・日本食も気軽に手に入る
シドニーの人達は、老若男女問わず、美味しいレストランやカフェの話が大好きです。日本の東京ウォーカーのような情報誌が特にない代わりに、新聞の記事や口コミをあてにしています。以前うちの学校の日本人学生の女の子グループに「日本語ガイドブックに載っていないシドニーグルメガイド」というのを作って渡したら(もちろん英語で書きました)とっても喜んでくれました。


買い物に困らない・交通機関が遅くまで使える
さすがに日本よりデパートの閉店時間は早いですが、市内のスーパーは夜12時まで開いているところも多くあり、木曜日のレイトナイトショッピングデーは、渋滞もあちこちで起こるほど張り切って買い物をする人たちが多いです。深夜バスも走っていて、週末遅くまで外出したとき便利です。

 

blog98.jpg他にももっともっといいところはあります。

シドニーっ子の特長については、移民が多い街なので、他国の文化に興味津々で、日本の話をすると喜んで聞きたがる人が多いです。トーキングコンテストを通して、よりたくさんの日本人学生がオージーと会話して、お互いを知って、視野を広げていって欲しいです。