留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

語学学校での過ごし方

学校2 日目以降


通常、授業開始日はオリエンテーションの翌日になります。朝、学校へ行くと、掲示板などにクラス分けテストの結果が貼り出されています。

 

blog124.jpg座席表などはありませんので、指定された教室には早めに行って、好きな席に座ります。

 

そしていよいよ授業開始。授業はもちろんすべて英語ですが、先生は外国人に英語を教えるプロなので、わかりやすい英語で話してくれます。授業中は自分の意見を積極的に発言してください。

 

学校での過ごし方

授業中は積極的に自分の意見を言い、分からないことがあれば必ず聞くようにしましょう。

クラスはレベル分けされてますので、周りの留学生も自分と同じぐらいの英語レベルです。自分が分からなければ、気兼ねなく質問をしてください。

注意点として、近くにいる日本人のクラスメイトに授業中に日本語で聞くことはやめましょう。英語の勉強にもなりませんし、クラスメイトからも嫌な目で見られます。英語での質問の仕方が分からなくても、先生は生徒が何を質問したいかは分かりますので、授業中は「積極的に」を心がけ、がんばりましょう。

学生ビザの方は、学校の出席率80%を下回ると強制送還になる可能性があります。

 

休み時間の過ごし方

休み時間はクラスメイトとの情報交換の時間です。

 

自分より先に入学し現地の生活をしている人もいますので、学校のこと、街のこと、観光場所、おいしいレストラン、安く雑貨が買えるお店、公共機関の乗り方、銀行開設の仕方、アルバイトのこと、映画館情報、シェアハウスのこと、ホームステイのこと、携帯電話のこと、日本へのお得な電話のかけ方、日本食品の買えるお店、放課後の過ごし方、週末の過ごし方などなど、いろいろな情報を得てアドバイスをもらいましょう。

 

相手は日本人でも外国人でも構いません。「なるべく日本人とは話さない!」とやる気を持って出発することは素晴らしいことですが、困ったときに頼りになるのは日本人です。

 

バランスよくいろいろな国籍のお友達を作ることが理想です。

 

お友達は自然にできますので、現地に行ってできるかな? という心配は要りません。

 

というのも、留学生のほぼ全員が一人で留学をしていますので、みんながお友達を作りたいと思っているのです。

 

何かのきっかけがあればお友達作りは簡単です。そのきっかけは、授業中にペアになって発表したり、休み時間に話し掛けたりと何でもいいのです。最初は英語力に自信が持てず消極的になりがちですが、積極的に行動することが友人作りでも大事です。

 

ランチについては、学校のカフェテリアで買って食べたり、ほとんどの学校には電子レンジやポットがありますので、持ち込みのお弁当を食べたりします。また学校近くのレストランなどに行って食べたりもします。ランチ代は5ドル〜10ドルぐらいです。