留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

スランプを乗り越えました

前回の近況報告から、早2ヶ月が経とうとしています。
おかげさまで、現在KGICのTESOL-Iのコースを取らせていただいています。TESOL
for ChildrenとTESOLの2つのコースが合わさったスペシャルコースで、TESOL for Childrenを終了し、現在TESOLを取っています。

クラスメイトや周囲に恵 まれ、大変ですが楽しく学ばせていただいております。自分の分野に関係あるコースなので、毎日授業に参加するのが楽しみです。これも全てSKYフレンズ様のおかげだと感謝しております。

楽しく学んでいる、と言いましても、実はこの2カ月にいろいろありました。ちょっと報告としてお話しさせていただきます。

TESOL for Childrenは何の問題もなく、クラスメイトや自分の工作好きに支えてもらいながら1カ月で終了いたしました。

ですが、TESOLに移った際に、毎日出る大量の予習の課題、自分で課してる復習、そしてスランプとホームシックが重なりTESOL開始から1週間経った週末に、とうとう最大のスランプに陥ってしまいました。 今までもスランプがあったのですが、5カ月まで最大のものでした。何度も大号泣しました。

心配するホストマザーの言葉にもただ苛立ちをぶつけるしかできず、1人で泣きながら3時間ほど散歩したり、本来の目的であるTESOLであるにもかかわらず「辞める」と決めて、担当の先生に相談も行ったりもしました。結果、先生たちや日本人アドバイザーの方の励ましもあって辞めずに今に至っています。


スランプになったのは、授業の難しい内容と、大量の予習の為のリーディングが重なった結果かなと今冷静になって思っています。特にリーディングでは、読書や本を読むのは大好きなので日本語ではトレーニングのせいもあって速読ができるのですが、本来のリーディングスキル自体は低いままなのでそれが顕著に表れてしまって、周りと比べて遅いことが原因で落ち込んでしまったみたいです。

まず3か月目、その後5、6カ月目あたりにスランプが来るらしいのですが、まさにドンピシャでした。

今回のスランプ中は「勉強しているのに英語が伸びないのはどうしてだろう。こんなにお金かけてここにいるのに何で英語が伸びないんだろう。」と完全に鬱状態でした(笑)。もう日本に帰ろうかと思ったぐらいです。

今は周囲の励ましと、慣れもありとても楽しく過ごしています。デモレッスンも昨日終わり、今日feedbackをもらい、思っていたよりもいい評価を頂いて次のデモレッスンにも気合が入りちょうど今来週の準備を始めたところです。大変なところもありますが、自分の将来に直結するSKILLなので何とか乗り越えながら頑張っています。

近況報告はこういう状況です。
いろいろありながらも、がむしゃらに元気でやっています。これも、SKYフレンズさんのお力添えがなければ今はなかったと思います。まだまだ自分の最終目標であるTESOL Advancedには達していませんが、絶対に 受かる気でいるので受かった際にはまたご報告させていただきます。

まだまだ帰国まで時間はありますが、帰国した時にはSKYフレンズの方々に「大変でしたが、おかげさまで自分の将来につながるいい経験ができました。」と笑顔で報告できるよう頑張ります。