留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

アイスホッケープロリーグのバンクーバーカナックスに街中熱狂

アイスホッケープロリーグのバンクーバーカナックスがスタンレーカップ(2010-2011シーズンの優勝決定戦)に進出し、6月1日(水)に第1戦、64日(土)に第2戦が行われました。

これらの試合はダウンタウンのグランビルストリート1ブロック(シアーズの前)を封鎖して巨大モニターによるパブリックビューイングも設置されました。最初の2戦とも勝利したのですが.........試合後の騒ぎが半端ではなく、グランビルストリートは完全封鎖、それに伴いロブソンストリート等ダウンタウン周辺の道路は車が通れない状況に、1戦目は水曜日にも関わらず優勝したかのごとくの騒ぎ、2戦目は土曜日とのこともありさらにすごいことに完全に身動きが取れない状況でした。

 

bog06.jpg

月曜日の新聞にはグランビルストリートに試合後7万人以上が集まったと書かれてました。たぶん朝まで騒いでいたはずです。

 

私自身もホームステイ先の家族が熱狂的なカナックスファンで、その影響で(バンクーバーに来て2日目から)毎試合テレビ観戦(英語の解説は全くわかりませんが)レプリカジャージまで持ってます。2戦ともグランビルストリートで観戦(クラスメー

トと一緒に)レプリカジャージを着ていたため試合後は握手やハイタッチ、道を歩いていれば車はクラクションを鳴らしてくるので答えねばならず正直疲れましたがいい経験でした。帰りのスカイトレイン内も大騒ぎ"Go Canucks Go!!"などの大合唱、はたから見たら完全に狂ってる状態です。

新聞の見出しにもなっていましたが、旅行者も皆びっくりしてました。

ちなみに6月6日はアウェーでボストンでの試合は1-8で大敗、試合後暴動でも起きたら怖いので途中で帰りました。

その後は8日、10日、13日、15日の予定ですが先に4勝したほうが優勝ですので15日までやらない可能性もあります。

もしこの間に来られる方がいるようでしたら覚悟しておいてください。本当にびっくりします。

写真は第1戦後のグランビルストリートの様子(2戦目の試合後はもっとすごかった)です。

bog05.jpg