留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

ワーキングホリデー・バンクーバーS.Mさん

昨夜無事帰国しました。
ローマから所要時間24時間、結構長かったです・・笑
でもカタール航空は機内食も美味しかったし、
6時間の乗り継ぎではフリーの食事を提供していたり、
空港でもカナダと違ってネットがフリーだったので助かりました。
(カナダでも小さい空港ではフリーの所もありましたが)

 
出国前から約1年半ほどでしょうか、
本当にどうもありがとうございました。
SKYフレンズがあったからこそ安心してカナダに飛び立つことが出来、
さらにカナダ滞在中も要所要所で助けていただいて・・・。
何かあった時に頼れる存在があるというのは本当にありがたいことです。

ちょうどタイミング良く友達からSKYフレンズを紹介してもらったわけですが、
人と人との出会いは、出会うべくして出会うものなんだなとつくづく思います。
これからも多くの人がSKYフレンズのスタッフさん達に支えられて海外に飛び立って行くんでしょうね。
 
きっと彼らも「SKYフレンズを選んで良かった」と思うはずです。
そんなSKYフレンズのスタッフさん達を素敵だなと思うのと同時に自分もそんな風になれたらいいなと思います。
私の場合は本当にこれからですね。頑張ります!

イタリアから日本へのチケット決めました。

先日はアドバイスをどうもありがとうございました。

ギリギリまでSKYフレンズスタッフさんが教えてくださったエールフランスを考えていたのですが
燃油サーチャージを入れると9万を越してしまったのと、
ちょうどカタール航空の存在を見つけたために
結局そちらで予約してしましました。

エールフランスだとパリ乗り継ぎで気持ち的に安心も出来たのですが
カタール航空は訪れたことのないドーハ乗り継ぎという部分に無駄に惹かれてしまったんですよね。
乗り継ぎ6時間20分という確実に疲れるであろう旅程なのですが、
一度も足を踏み入れたことのない土地に
乗り継ぎとはいえ行けるということに興味津々になってしまいました。

さらにカタール航空は5つ星航空会社だということを知り
そのサービスを受けてみたいという本当に何とも単純な考えです。
しかも片道で燃油サーチャージ、税込みで572.62EUR(64,880円)と比較的安めだったので。

イタリア・ローマを12:20に発ち途中ドーハで6時間20分の乗り継ぎがあるようです。
お久しぶりです。
帰国時にどういうルートで帰ろうか、はたまたビザを延長しようか、
様々なプランがあってなかなか日程を決められずじまいでした・・・。
 
最終的に帰国前に友達のいるイタリアに少し寄ろうと思っています。
 
 
 
 
こちらに来て以来、ほとんど1日ごとに働いて、休んで、を繰り返しています。
でも来てすぐ忙しいのも身体がもたないでしょうから、ちょうどいいかもしれません。

仕事にはだいぶ慣れてきました。
今の仕事は主にハウスキーピングで、
募集にあった日本人観光客のサポート的な仕事はほとんどありません。
朝7時、8時、9時からのシフトがあり、7、8時入りの場合は朝食サーブの仕事もします。
個人的にこちらの仕事は楽しいですね。なんといってもゲストと少し関われますから!
部屋の掃除は全て1人でやることになっていて、1日4部屋前後を担当します。
そしてだいたい2~3時には仕事が終わります。

だいぶ時間には余裕があるので夕方からもう一つ仕事をしたいと思っているのですが
何分小さな町でして、仕事をゲットするのは地元の人でも難しいとか。
そこにきて日本人の私なんかはもっと難しいと思います。
そう考えると今の場所で不満はあるものの、働かせてもらえるのは有難いことだなと思います。
とりあえずもう一つの仕事は様子を見つつですかね。

ハウスキーピングはゲストとの話す時間はないものの、
ホテル関係に興味のある私としては勉強になることだし掃除も嫌いではないし。
何よりオーナーの奥さんのやり方が、まぁ細かい!日本人のようです 笑。
たまに指で家具の上のほこりを確認したり(この絵が想像出来ますか?笑)。
でも私はそういうやり方を好ましく思うタイプなので、そういう面では本当に良かったなと思います。

今のB&Bのスタッフは日本人が私を含め5人。
他に同じ仕事をしている黒人の女性が1人。
オーナー家族が3人。(夫婦と息子)
ランドリーのスタッフが2人。(おそらくカナディアン?)

あと2軒隣に新しくB&Bを去年オープンして
実は私たちはそこのベースメントに住んでいるんです。
そちらのB&Bにもスタッフがいて、2人だったと思うのですがカナディアンのスタッフがいます。
ゲストが増えてきたら私たちがこちらのほうにもヘルプに入るそうです。
あ、あとPEIにもう数年住んでいる日本人の方がたまにお手伝いに来ます。
この方はアイランダーとご結婚されてこの島に移り住んだそうで、今は主にガイドの仕事をされています。

お給料は自給9ドルで2週間毎に支給、小切手で渡されます。
私はこちらで働くのが初めてなので知らなかったのですが
2週間毎というのも、小切手というのも、こちらでは普通のようですね。
プリンスエドワード島の生活もだいぶ落ち着いてきました。
 
昨日オフで赤毛のアンに縁のある場所を回るツアーに参加してきました。
ようやくPEIに来たな、といった感じです。
そこで出会ったワーホリ中の女性に会って意気投合。
たくさん話をしてだいぶ元気をもらえました。

先週到着してから、日本の友達やバンクーバーで出会った友達などにもだいぶ助けられ・・・
改めて友達のありがたみを感じています。
こんなに遠くの地でもすぐにPCや電話でコンタクトが取れる、
なんと恵まれた時代なんでしょうね。
PEIに到着しました。
思っていたよりシャーロットタウンに建物があってビックリです。

何と私の他に日本人スタッフが既に3人居て
住まいは彼女たちとキッチン&バス共用というものでした。
もちろん個人の部屋はあるし建物も新しくてとても快適なのですが・・・

着いて彼女たちが居たことに唖然としてしまいました。
1月にこの仕事を決める際にオーナーに自分は英語を学びたくて来ているので
仕事で日本語を使うことがほとんど(日本人客対応で)になると困る、と話したところ
「それはない、他の従業員はカナディアンだから」ということで意を決したわけです。

それなのに住まいが日本人だけなんて・・・。
何のためにここに来たんだろうと思ってしまいました。
それならバンクーバーで仕事をしたって良かったのではないかと思ってしまいました。
結構なお金をかけてここまで来たのに・・・。

同じ日本人でも価値観や意識が近ければ多少は救われるのですが
彼女たちはそういった感じでもなく・・・。
でもまだそこまでゆっくり話したわけでもないので実際のところは分かりませんが。

とりあえずしばらくは様子を見ます。
まだ右も左も分からない状況なので。
それに今日は着いて彼女たちと話しただけなので
他に仕事をしていく上で何かしら見えてくるものがあるかもしれません。
 
明日から頑張ります。

こんにちは。
横断しましたカナダ!!
予想通り素晴らしい景色でした。
前半は雨模様だったのですが、それでも感動感動。
途中で見飽きるかなとも思ったのですが、全く見飽きることはありませんでした。

山の景色、平原、池と、日々景色が変わって
本当にカナダは広いんだなと改めて実感です。

同じ電車でジャスパーあたりまでは日本人も見かけたのですが
それ以降、私以外はほぼイギリスかオーストラリア、カナダの方々でした。
食事の際は毎回相席になるのですが、みなさん優しく声をかけてくださって、
特に年配のご夫婦が多かったのですが本当に素敵な方ばかりでした。

 
あれは絶対乗るべきだと思います!
本当に素晴らしいです。
何が良いって、携帯もパソコンも使えない状況で
あれだけ存分に景色を楽しめるという、なんと贅沢な時間の使い方か・・・。
景色を見ながら無心になってしまいました 笑。

たいして景色の写真はないのですが、
少し写真をお送りしますね。
(景色は生でみたほうが断然良いと思います!)
blog25.jpg今はトロントで乗り換えたモントリオール行きの電車の中です。
また旅の様子お伝えしますね。

初め2日は、思いのほか忙しく疲れ果ててしまいましたが、

昨日今日とだいぶ落ち着いて、むしろ少し暇なぐらいです 笑。

けれども、初めてのデスクワーク、電話対応などには戸惑りました。

カウンセラーも今日が最後になります。

最後の最後に失敗しないよう頑張ります!

 



 

SKYフレンズさんのメールを読んで、とても気持ち的に落ち着きました。
というのも、メールを読むまではオペレーションのことで頭がいっぱいで、そもそものカウンセラーの仕事を忘れてしまっていたんだと思います。

そうか、生徒さんの立場に立って・・・と思ったら、自分のやるべきこと、事前に準備することなども見えてきました。やはり聞いて大正解ですね。

今回の仕事は自分にとって本当にプラスでしかないと思います。カナダ生活ちょうど真ん中にこの仕事が出来て良かったです。日本語が多くなってしまうだろうから、英語のことは少し心配ではありますが、確実に自分の将来の仕事につながるものだと思っています。

多くのアドバイスを本当にどうもありがとうございました。
 
 
今日は短期で入っている日本人カウンセラーの方から仕事を教えていただきました。
一度一通り教わったのですが時間が空いてしまったので確認のためにということで。

「簡単簡単!大丈夫。」と軽く言っていたのですが、思っていたよりやることがありそうで今日少し焦ってしまいました。でも「人間、出来ると思えば出来る!」と言って下さり、その通り気の持ちようかなと、自分を持ち上げようとしています・・・。
 
日本人カウンセラーさんはホテルで働かれていたということで、これまた何と運の良い出会い。
一緒に働ける時間があればさらに良かったのですが、けれども今日だけでもだいぶ勉強になりました。

明日にもう一度最終確認をして来週から気を引き締めて仕事モードで頑張りたいと思います。
もう何ヶ月も学生としてふらふらとしていたため感覚が鈍っていそうなので・・・。

もし生徒さんに対するカウンセリングに関して何かアドバイスがあればぜひお願いします!!
人と話すのはもちろん好きですが、説明などは私の苦手分野でもあるので。

以前、お話したホストマザーのお母さんのおうちでのお小遣い稼ぎは結局しませんでした。
カウンセラーの仕事が決まったのと、何だかんだ時間が合わなかったりで、いつの間にか話が流れてしまいまして・・・。

先週まではフリーで受けさせてもらった授業があったのと、今週は来週のために今まで取らなかった授業を一通り見学したり。その中でも今日見学した通訳翻訳コースは受講すれば良かったなと少し後悔です。先生が本当に素晴らしい方で、授業内容は厳しいのですが、せっかくお金を払って受けるならあれぐらいが自分には良かったのではと思いました。
 
この先もし戻ってくることがあるならば、その際にはぜひとも受けたいと思います。
 
 
 

とうとうこの日がやって来てしまいました。
今夜バンクーバーを発ちます。

バンクーバー時間の20時半のカナダ大陸横断鉄道
カナディアン号にて出発します。
 
 
1日の夕方にはモントリオールに到着予定です。
そこで1泊して、翌日ケベックに移動して2泊。
 
 
最後はさすがに電車は疲れるので飛行機でプリンスエドワード島(PEI)入りします。
到着後、おそらくすぐ働くことになると思います。

今日学校カウンセラーのスタッフさんに学校でお会いして、
「そういえばスカイフレンズさんから連絡あったよ!」
と、SKYフレンズさんの話が出たものだから
今こうやってメールをするのを忘れずにすみました。笑
 
 
 
 

おとといは卒業式でした。

卒業したところで私はバンクーバーを経つ5月末まで時間があるので、最近は短期で働けるバイトとボランティアを探していました。

けれどもやはり短期で断られてしまうこともあり・・・
 
そんな時学校に行く前にホストマザーに話したところ、「もし興味があれば私が仕事をあげる」と思いもしなかった言葉。

その仕事というのは彼女のお母さんのアパートの掃除というものでした。しかも彼女がお給料を出してくれるとのこと。


ただでさえ今の家で家賃かからず住まわせてもらっているのに、(もちろんたまにベビーシッターの仕事はしていますが)そこまでしてもらえて頭があがらないです。

まだ細かい話はしていませんがお小遣い稼ぎが出来そうです!
 
そしてそんなことがあって学校に向かったのですが・・・
その日は卒業だったのでお世話になった事務スタッフの方々に、小さなお菓子とメッセージを添えてお礼を言って回りました。
そして最後に日本人カウンセラーさんとお話しました。

彼女には本当にお世話になったので。

彼女は来月3週間ほど日本に出張するそうです。その代わりに2週間前任の方が短期で入るそうなのですが、そんな話をしていたら急にハッとして「ねえ、その頃何してる?」。
「暇してますよ」と私が答えたら、「ホントに!?ねぇ、1週間働かない?」。
 
そんなこんなで来月の3週目あたりに、日本人カウンセラーとして働くことになりました 笑。
学校側もお給料が発生しない形、つまりは生徒で働ける人を探していたそうです。
給料が出ない分、パートタイムで1ヶ月好きな授業を取っていいと言われました。
 
2ヶ月何しよう・・・と迷いに迷っていたところに、2つも嬉しい話が舞い込んできて自分でもびっくりです。これが予定通りになれば、バンクーバー生活の最後はだいぶ充実したものになりそうです。

 


 

私は先週末から今週にかけて風邪で寝込んでいました。
だるさ、関節痛、頭痛、咳、鼻水、吐き気と、結構しんどい思いをしました。
自然治癒力に頼ろうと、ひたすら寝ていたのですが、さすがに激しい頭痛には耐えられずに薬を飲みました。


今はもう回復して、食事も普通にとっています。
 
そして実は今日引越しをしました。
これは一応仕事なのですが、住み込みベビーシッターをします。
といっても月に1週間ほどお父さんが出張の際に子供をデイケアに送り迎えするお手伝いをするのと、あとは家の片づけを少しやる程度で、そこまで難しくはないようです。
 
お給料は出ないのですが、その分部屋代がタダ、家にある物は何でも食べてよしという、とてもいい条件のお仕事です。
チャイニーズカナディアンのおうちでご夫婦共働いています。
そのため外食やジャンクフードが多いようです。


今日も家に着いて色々と説明を聞いている時に、「我が家は普通のおうちとは違うから!私たちとってもlazyなの。」と言ってました 笑。
 
プリンスエドワード島に行くまでは特に収入がないため少しでも節約するために引越しを決めました。
この家であと2ヵ月半のバンクーバー生活を有意義に過ごせたらと思います。
 

本日今タームのテストを終えて、明日は卒業式?です。
毎月卒業していく生徒がいるというのは、まだとても不思議な感覚です。
 
鉄道の旅に関しては、バンクーバー~トロント間だけはベッド付きのクラスにしようかと思っています。
さすがに4,5日横になれないのは辛いかなと思いまして。
早めに予約すれば少し安くなるようなので、徐々に細かい日程を決めていきたいと思います。
 
SINナンバーは、昨年のうちに取得しました。
手続きをする場所が学校から歩いて1,2分の場所でスムーズに取得できました。
 
B&Bのオーナーとはあのメールのやりとりの後に電話で話して
働く気がある旨を伝えました。
声の感じではとても優しそうな方でした。
想像通りの人だといいのですが・・・。
 
さて、オリンピックですが、明朝学校前で聖火が見られるようです。
最近までそんなにオリンピック熱はなかった私ですが
冷静に考えたら聖火を見られるのも一生のうちで一度だけかもしれないと思ったら
頑張って早起きしようという気になれました。
この週末は特に街が賑わいそうです!

 

 

ご連絡どうもありがとうございました。

柏木さんのあの優しい表情を思い浮かべながらメールを読んでとても気持ちが落ち着きました。

本当にありがとうございます。
 
来週からのタームは休む方向で考えています。また寸前になって変わるかもしれませんが・・・。

もう少し心のゆとりが必要かなと。
 
ここ何日かで街もようやくオリンピックモードになってきました。

ダウンタウンには通り沿いにベンチが増えたり、バス停には新しく見やすい看板が出来たり、セキュリティーが厳しくなってきたり・・・。
 
けれどもチケットは10万円を超えるものもあったり、とても高額なのでゲームを観に行くというのは難しそうです。でも街のあちこちでイベントがあると聞いたので、週末は友達と出かけてみようかと思います。
 
せっかくなので鉄道を使ってカナダ横断をしながらプリンスエドワード島に向かおうかと思っています。確か世界第2位の距離の鉄道だとか?まだ先の話で色々未定ではあるんですけど・・・


でも1つ何か決まるとそれまでの計画を立てやすいですよね。

 


 

何事も焦る必要はないと思うのですが、かといってのんびりし過ぎも良くないだろうし。

頭では分かっていても出来ていないことが多すぎて、

こんなことも実際は人に話して情けないところを見せたくはないのですが、

溜め込んでしうと自爆しそうで柏木さんにこうして吐き出してしまっています。


 
お金に余裕があれば買い物するなり旅行にいくなり気分転換もできるのですが、

そこまでの余裕はないので・・・。

 

だから他の方法で気分転換出来たらなと思います。

 

------------------------------------------------------------------------------------

英語に対する壁・嫌気ですが、みんなが通る道です。

やはり気持ちの変化は上下しますからね。

日本人のお友達も作ることはとても大事だと思います。

年齢の違う友人・住んでいる地域が違う友人など、今までに会ったことのない大切な友人ができると思います。日本人のお友達とでは、日本では味わうことができないことを一緒に共有して楽しんで生活すればよいと思います。

同時に日本人以外のお友達も作ることも大事です。英語の勉強にもなりますし、世界の人たちと交流することで自分の視野が広がると思います。

日本人のお友達・外国のお友達を両立することが一番良いと思います。

悩みがあれば人に話すことが一番良いです。海外生活をしている人たちは、同じ悩みを持ったり、その悩みを克服して生活している人など、すべての人が不安や悩みを経験しています。海外生活を成功するための一つは、「思っていることは言葉に出す!」ですからね。

入国当初は新しいことが常に起きて、すべてが新鮮に感じたと思います。やはり慣れてくると当たり前になって、何も感じなくなってきますよね。人間は贅沢・・・・

何か新しいことをやることが、一番良いと思います。

何でもよいと思います。簡単なことでも・・・例えば、英語で日記を毎日記す。長い文章など要りません。短文で。最初は文法などはあまり気にせずに・・・

日記も一日の感想ではなくて、街の中で気付いたことなど・・・目線を変えると新しい発見があると思います。

他には、スタンレー公園などでランニングやウォーキングを週1回するとか・・・新しい出会いがあるかもしれません。

アルバイトも良いですし、1か月休むのも良いと思います。

焦る必要はありませんが、何か新しいことにチャレンジしてみてください。

これからもいろいろ悩んで、一つずつ解決していき、人生最高のカナダ生活を送ってください。日本から応援しております。


今後ともよろしくお願いいたします。

SKYフレンズスタッフより

 

 

プリンスエドワード島に仕事が決まったのは、とりあえず一安心なのですが、

最近の語学学校生活はあまり良くない状況です。

留学生活で誰しもぶつかることだと思うのですが、英語に少し嫌気がさしてくる時期というか、

日本語に甘えてしまう自分がいて、そんな自分にイライラしてしまいます。


 
あと1ヶ月分語学学校が残っているのですが、どういう組み合わせにしようか考え中です。

とりあえずフルタイムをパートタイムにして、1ヶ月分を2ヶ月で消化しようと思うのですが

その前に1ヶ月休みを取ろうかなとか、少し仕事をしようかなとか、

色々考えてはみるものの、まだ答えも出ずにじたばたしています。

 

 

 

 


 

実は前回ご連絡頂いた時に伝えそびれてしまったのですが、

5月末からプリンスエドワード島という赤毛のアンで有名な島の仕事が決まりました。

 

B&Bで夏の期間日本人スタッフを募集しており、

すぐにレジュメを送ったところ、トントン拍子で決まってしまいました。
 

日本人の友達が増えて日本語を話す機会が増え、

そんな自分にイライラして、いっそのこと遠くに行ってしまいたいと思った時期に

何となく地方の求人情報を見ていたところ、ちょうどそのB&Bの仕事を見つけました。

 

仕事の内容は日本人観光客のケアとハウスキーピングと朝食時の手伝いなどです。

 

 

≪プリンスエドワード島≫

プリンスエドワード島は、カナダ東部のセントローレンス湾に浮かぶ小さな島。赤毛のアンの舞台で有名な島。田園風景や海岸線の風景が美しい。

 

カナダ留学・カナダワーキングホリデーのバンクーバー情報

 

2010年カナダワーキングホリデービザの情報

 

留学やワーキングホリデーのSKYフレンズサポート紹介

 

行ってきましたゲイバー。


こんなに多くのゲイカップルを見たのは初めてです。
そしてショーでは彼ら全て脱いでいました。
ショーケースのようなものの中でシャワーを浴びながらどんどん脱いでいきました。


そして私の友達の1人がゲイに連れていかれ行方不明になったのですが
次の日無事に帰還しました。
やっぱりカナダは安全とはいえ、油断はできませんね。


 明日は新入生の入校日なので普通のクラスは授業がないのですが
free conversation classが一日中あるので参加しようと思います。
先月も参加したのですがほとんど生徒は来ないので、
個別に近いかたちになると思います。


 気持ちを新たに、また1ヶ月頑張りたいと思います。

 

 

今日今期のファイナルテストがありました。
前回とは打って変わって出来は悪そうです・・・。
来週から気合いを入れ直します!


ホームステイ先については、当分今の家に居るつもりです。
カナダにいるとは思えないほど家の中が暖かくて快適なのと、
食事が何より私には合っています。


だいたい食事は何でもいいという学生(特に男子?)が多いのですが
私は食べるものに重きをおくタイプなので、
野菜、果物、が豊富に食べられること、お米があることはとてもありがたいのです。
きっと1人だったらケチケチしてしまうだろうし、
ずっと実家にいた私には料理をすることが苦痛になってしまうかもしれません。
やる前から決め付けるのはよくないと思いますが、
とりあえず学校に行っている間は留まるつもりです。


 あとはルームメイトのブラジリアンの子が本当に良い子なので
彼女が来月帰国するまでは出来るだけ一緒に時間を過ごせたらと思います。
 

今日は男性ストリップショーを見に行くかもしれません・・・。
何と5ドルで見ることができるとか!?
日本では考えられないですよね。
もし行ったら感想お伝えしますね 笑。

 


 

日本はもう成人式の頃ですよね。
私の学校でも成人式のために帰国する学生がちらほらいます。


さて、図書館についてお話したいと思います。


私の学校は16時に授業が終わり、
その後は学校から徒歩で5~10分ほどのVancouver Central Libraryに向かいます。
この図書館はバンクーバーの中でもおそらく一番大きい図書館で、
いつも多くの学生が勉強しています。
だいたい2時間ほどその日の復習や宿題をやって、19時前には帰宅する、というパターンが多いです。

 

blog153.jpg blog154.jpg

けれども最近は放課後のconversation classに出るようになりました。


これはルームメイトのブラジリアンの子がその授業に出ないかと声をかけてくれたのがきっかけです。
この授業は参加フリーの6人限定で、先生は毎日変わります。
気軽に参加でき、貴重な時間となっています。


それとは別にコリアンの友達の誘いで図書館のミーティングルームで30分のディスカッションという話もあるのですが、参加している学生が全員コリアンなのでこちらはどうしようか迷っています。


というのも、彼らは韓国語で話すことが多いのでそうなると英語に触れる時間が本当に30分のみになってしまうのであまり良い環境ではないのではないかと・・・。


カナダに来て1ヶ月ほどは放課後図書館に行って勉強、というある程度決まったリズムだったのですが、ここ最近は、上に挙げたように関わる人が少し変わったりして、またリズムを作っているところです。


来週で今タームが終わり次の週からは更に難しいクラスになるので、また安定したリズムを作って勉強に励めるようにしたいと思います。

 

カナダ留学・カナダワーキングホリデーのバンクーバー情報

カナダ留学・カナダワーキングホリデーのトロント情報

2010年カナダワーキングホリデービザの情報

 


 

少し遅れましたが・・・
明けましておめでとうございます。
 
私は年越しは家で過ごしました。
友達とホストマザー&ファザーと飲み食いして、
年越しの瞬間はなぜか4人でジャンプしていました 笑。
 
クリスマスあたりからだいぶ飲み食いしているので
体が重くなってきた気がします。
来週からは少し運動せねば・・・・。
 
日本はまだお正月モードでしょうか。
やはり日本の方が新年の雰囲気を味わえる気がします。
こちらは大晦日も学校でしたし、
年が明けてもお店で流れる音楽は同じだったり、
もちろん年賀状もお正月料理もありませんので。

そういった意味で日本のお正月は素敵だなと思います。
前年を振り返り、新年の目標を立てたり、
とても清々しい気持ちになれますもんね。
 
私は毎週教会に行って、
少しですが気持ちの整理をする時間を作っています。
もちろん無宗教ですが、元々教会に興味があったので。
一週間のうちに一度、神聖な場所で自分自身と向き合うというのは
私にとってとても大切な時間となっています。
これからも続けていけたらと思っています。
 
昨年は大変お世話になりました。
SKYフレンズさんと出会えたこと、とても光栄に思います。
今年も引き続き宜しくお願いします。

 


 

blog155.jpgカナダの第一印象ですが・・・

まず、思っていたよりは寒くなかったということ。
カナダは寒いというイメージがあり、結構気合を入れてきたのですが
着いてみたら凍えるような寒さではありませんでした。
だいたい室内にいるからかもしれませんが・・・。


 


blog156.jpgあとバンクーバーは雨が多いです。
これは予想通りでした。
ホストマザーも、バンクーバーに住むなら
雨を好きになりなさいと言っていたのも納得です。
でも、雨といっても日本のような不快な雨ではありません。
傘を使わない人が多いのも、とても自然な感じです。

 

blog157.jpg雨が多いということで、もちろん曇りの日も多いです。
朝から晩までどよーんとしています。
だから鬱になる人が多いと聞きましたが、
でも一見暗い顔の人たちも
話してみるととても優しくて心温まります。

 

 

blog158.jpgきっと私が知っているカナダはまだほんの一部であって、
これからもっと出かけたり色々な人と話をして
世界を広げていきたいと思います。

 

 

 


 

今日は授業はなく、卒業式?のみでした。
 
私はAランクで無事に今期を終え、
来週からレベル5のクラスになります。


次はA+ランクで終えられるよう頑張ります!

blog33.jpg≪スタンレー・パーク(Stanley Park)≫

カナダ・バンクーバーのダウンタウンから歩いて約20分の

ところにあるスタンレー・パーク(Stanley Park)は、

ハラード入江に突き出た半島の先端にある周囲約10km

総面積400haの北米で最大級の都市公園で、

バンクーバー市民の憩いの場所です。

blog34.jpg広大な敷地のスタンレーパーク内は、バンクーバー水族館・

動物園・トーテムポールパーク・海水浴場・ミニゴルフ場・

テニスコート・プールなどがあり、施設が充実しています。

また散歩道とサイクリングやローラーブレード用の道が

あります。貸自転車屋さんなどもあるので、スタンレーパークを

一周しながらきれいな景色を眺めるのもよいでしょう。

 

blog35.jpg

 

またスタンレーパーク内は、自然な森に覆われている

ため、数多くの小動物に出会うこともできます。

バンクーバーに滞在したら、必ず行く公園です。

ステイ先変更については・・・
 
外食の件に関しては「SKYフレンズの出発準備マニュアル」にも書いてあったので
自分で支払うことにそれほど抵抗はなかったのですが、
狭くて汚いケンタッキーに連れていかれて
寒い思いをしながら脂ぎった粗末なものを食べているときに
「何故私はここでこんな物食べているんだろう・・・」
とむなしくなって、その時点でステイ先を変えることを決めました。
 
この時ルームメイトも全く同じ心境だったらしく
4人中私を含め3人は同時期にステイ先を変えました。
最後はホストマザーは家に帰って来ず、
食事も作ってくれませんでした。

 

今はフィリピン人の家庭に居ます。
もちろん個人の部屋はあって、
さらにお米も食べられるし、野菜ももりもり。
当分健康面の心配はいらなそうです。


 
急展開になっていますが、今は落ち着いています。
先日銀行口座も開設しました。
これから先、不安でもあり楽しみでもあり・・・。
気持ち的に堕ちやすくなっていますが、
極力ポジティブに考えていきたいと思います。

さて、そんな出来事もありながら、もう4週目を迎えました。
木曜日にはテストです。
すんなり上のクラスに上がれれば良いのですが・・・。
 
放課後はだいたい図書館に行って2時間ほど勉強をしてから帰宅しています。
とても大きい図書館が学校近くにあるので助かっています。
学生時代は図書館嫌いだったのが嘘のようです。


 

 

近頃晴れ続きで、雨の多いバンクーバーでは異常な天気みたいです。
そして今週末は雪が降るとか!?
 
実は先週末にホームステイ先を変更しました。
理由を挙げると・・・
 
・個人の部屋がないこと
・ホストマザーが大音量で音楽を聴いたり映画を見ていること
・アクティビティーが多いこと
・外食が週1ペースであったこと
 
部屋は大部屋をカーテンで仕切られているだけだったので
プライベートがありませんでした。
けれどもルームメイトはとても良い子達だったので
2週間は苦ではありませんでした。
 
けれどもアクティビティーで出かけた時、
外食に出かけた時には出費がかさみ、
食費に関しては学校スタッフもそれはおかしいと言っていました。
色々連れて行ってもらえるのはとてもありがたかったのですが、
放課後疲れている時や宿題をやりたい時はやはりきつくて。
けれどもホストマザーはそれを断られるのが嫌なのが
目に見えて分かったので断りづらく・・・。
 
ホストマザーは学校の先生ということもあって
家庭で英語を学べるのはとても良かったのですが、
やはり個人の部屋は欲しかったし、
あとホストマザーの勢いについていけなかったのもあるかもしれません。
 
無理矢理合わせて自分が疲れるだけなのは嫌だったので
ステイ先を変えることを決めました。
 
この状況をもっとうまく伝えられたらいいのですが・・・
とりあえず学校のスタッフ、
ホストマザーの生徒だった人たちも
「あぁやっぱり・・・」という感じのリアクションでした。
だいぶクセのあるホストマザーだったようです。
 
けれども早めにそういう部分が分かって良かったと思います。

学校のスタッフと相談をしたらホームステイ先が変更出来て良かったです。

 

いつものSKYフレンズさんのアドバイスの通り、これからも我慢するより

カタコトでも自分の言いたいことをしっかり伝えて、貴重なカナダ生活頑張って行きます!!

 

 

 

受けていたレベルテストは、昨日登校して結果をチェックしたところ

見事テストに合格しました。

早速昨日からレベル4のクラスです。


ただ上がったはいいものの、

コリアンが多くとてもうるさいです。

早く真剣に取り組んでいる学生の多いクラスになりたいです。

それには私の英語のレベルアップが必要なのですが・・・。
 
あとひょんなことからオリエンテーションで

チャイニーズの女の子とコリアンの男の子と仲良くなりました。

クラスは違うのですが毎日お昼は一緒に食べています。

2人とも英語が出来る子なので

日本人でいるよりとてもいい環境になっていると思います。


昨日は午後のクラスがなかったので

コリアンの男の子とひたすら街中をぶらぶらしていました。
 

そして何より良かったことはホームステイ先の生徒が

とても真剣に取り組んでいるということ。


沖縄の女の子はトロント校から転校してきたのですが

初めて会ったときから英語しか話しませんでした。

それは彼女が日本語を話すことが自分にとってよくないと思っているからで

そんな彼女と一緒になれたことは本当に幸運だったと思います。


私は彼女をとても尊敬しています。
(先日ようやく日本語だけで語らいまいたが・・・)


 
とりあえず、無事にカナダに着き元気にやっています。

あとはがむしゃらに勉強するだけです。
 

1週間過ぎてようやく落ち着いてきました。

 

私がいる家は24歳の台湾の女の子。19歳の沖縄の女の子。

もう一人は学校側の手違いで30歳の沖縄の男性がいます。

本当は女の子だけだったらしいのですが、

ホストマザーは追い出すことは出来ないと

特別に住むことをOKしました。
(彼が1ヶ月だけの契約ということもあるかもしれません・・・)
 
ホストマザーは語学学校の先生でした。

(キッチンとリビングの壁にミニサイズのホワイトボードがあって
 分からない言葉があると日夜レッスン?してくれます)

けれども今は休み中のようです。


そしてなんとなんと、私が希望するホスピタリティーコースの先生でした。


1月からまたクラスがスタートする、とのこと。
 
初日のレベルチェックテストで私はレベル3のクラスになったのですが、

私はホスピタリティーコースを取りたいという思いがあるので

おとといチャレンジテストを受けました。


レベル3のクラスでも問題はなかったのですが

4ヶ月だけという私の学校生活、

逆算すると上がれる時に上がっておかないと

ホスピタリティーコースは受けられません。
 

今の気持ちは何とも不思議な感覚で

やたら興奮しているわけでもなく、

やたら不安なわけでもなく、

自然の流れのままというか。


 
でもこのままだと何となくで過ごしてしまいそうなので、

仕事を辞めて海外へ行くことの目的意識を

常に自分の中で見失わないように

今の私の場合はもっと緊張感を持たねば、と思います。


 
SKYフレンズスタッフさんのお言葉はいつも私を元気付けてくれて、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

いつもありがとうございます。


 これからもどうぞ宜しくお願いします。

昨日書類が届きました。ありがとうございます。


 
荷物をだんだん詰め始め、

ようやくカナダモードになってきました。
 
あとは気持ちの整理をちゃんとして、

飛行機に乗るのみ!!


 
またご連絡します。

昨日仕事を終えましたが、

確実に大泣きするだろうと思っていたのに

辞めることの実感がわかないものだから

涙もあまり出てきませんでした。


まだ不思議な感覚です。

 

けれども常連さんには挨拶をすることができ、

みなさん「頑張ってきてね」とおっしゃってくれました。


本当に素敵なお客様達だなぁと思います。


 
仕事も落ち着いたことだし、

これからどんどん準備を進めて行きたいと思います。