留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

カナダ入国審査の重要ポイント

バンクーバーに着いて1週間が経ち、学校もホームステイ先も何とか頑張って過ごしています。

ただ気候はとっても良いです。暑いですが日本と違って湿気がないので爽やかです。

入国審査のときは時間がかかると聞いていましたが、私は1時間ぐらいで終わりました。

また4月に出発予定でしたが5月出発になってしまい、以前参加したカナダ大使館主催のワーキングホリデー説明会では「審査官は申請書に書いた入国予定日を基準にビザの有効期限を決定することがあり、そうなったら事情を説明しないといけない」と案内ありましたが、ちゃんと実際の入国日から1年でビザを作成してくれました。

これからワーキングホリデーで出発される方は、入国審査の際にその場で発行されたビザの記載内容(有効期限氏名のスペル生年月日)を確認すると良いと思います。


長いフライトで疲れ、さらにあまり理解できない英語を話されるので審査が終わるとホッとするのは分かりますし、実際に回りの人の中には「何言ってるか分からないけどとりあえず通れたからいいか」という声も聞こえましたが、あとで間違いに気付くと訂正にとっても手間がかかるそうです。

私は審査官にビザ発行後「審査終わり(Finish)」と言われましたがその場で上記3カ所だけは確認しました。その場ならすぐ訂正できますので是非実行してみて下さい。

それからカナダ大使館でワーキングホリデーの説明会を開催するので許可下りた方もこれから申請しようとしている方も参加することをおすすめします!私は4月に参加しました。

内容としては・・・
①カナダの概要と就学に際しての案内
②ワーホリについて(申請に際しての注意点・よくある間違いやサンプルの許可書とビザを使った各種説明)
③現地滞在情報(私の時はインターネットによる情報収集や現地銀行のアドレスなど記載された紙を渡してくれました)
④大使館スタッフによるワーホリ体験談
⑤質疑応答
⑥懇親会(参加者と大使館スタッフを交えての話し合いや情報交換。簡単な飲物と菓子が出ます。その後抽選会。私の時はリュックサックが当たるものでした。)


以上、参照して頂ければ幸いです!