留学やワーキングホリデーのご質問、体験談などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

アメリカ情報

先日ブログにアップしました、ご家族でのハワイ旅行+語学学校への通学!

このような経験をしたいという方が多くいらっしゃるようで、この記事を読んでいただいた方から、「詳しく知りたい」とのお問い合わせも早速いただいています。

結婚しても、子供が生まれても、継続して向上心を持って語学力アップのために頑張っている方々がたくさんいることを知り、スタッフ一同、そんなお客様から日々刺激をいただいています。
ありがとうございます!


その後、奥様からも可愛いお写真と一緒にご報告メールをいただきました。

奥様は、今までもハワイ旅行には行ったことがあったとのことですが、お子様を連れての海外旅行は初めて!
しかも、お子様と一緒に語学学校に通うことも初めて!


まだ小さなお子様と一緒だった分、夫婦お2人での旅行より色々と大変なこともあったようですが、お子様と一緒だからこその素晴らしい経験ができたとのことで、「是非たくさんの子育てママさん・パパさんに、思い切ってこういった経験をしてほしい!」と、ブログへアップをしてくださいとおっしゃってくださいました。

ありがとうございます!


============================================================

スカイフレンズさん。
ハワイから帰って、1週間。
すっかり日常の生活に戻ってしまいました。
早くもハワイが恋しくて恋しくて・・・・・・



今回のホテルは、子供がいることを考慮して、
<アラモアナホテル>にしました。
ここだと、全客室に電子レンジがあるし、
アラモアナショッピングセンターや
ウォルマートやドンキホーテが近いので、
離乳食やその他子供の物が必要なときにすぐに
買いにいけると思ったんです。
運良く、今回レッスンでお世話になった
語学学校も、ホテルから徒歩10分程度で便利でした。



レッスンはプライベートで1日50分×二日間。
もしかしたら、レッスン中に授乳をしなくては
ならなくなるかもしれないので、と女性の先生を
リクエストしておいてくださったので、リクエストどおり、
女性の先生でした。


1日目は、赤ちゃんやママについてのフリートークで、
とリクエストしました。
子供と接するようになって、育児に関することを
英語で考えたときに意外と知らないことが多いな、
と思ったからです。
でも、赤ちゃん用語って、日本語は擬音の表現などが
豊富で、なかなか英語にそのまま置き換えられない表現も
多いようでした。



2日目は、テキストを使ってグラマーを少しやりました。
子供を抱っこしたままで、メモをとるのが無理だったのですが、
先生がテキストに大切な部分は代わりに書き込んでくださって、
ありがたかったです。


MAMMY.JPG

特に、フリートークをしていると、私の表現が正しくなくても
先生の方からいちいち指摘をしてくる、ということは
なかったので、自分の表現に自信がないときは、
正しい表現だったか、尋ねながら話をすすめるようにしました。


たった2日間、しかも合計100分ですが、とても勉強になりました。
旅行の初めの方にレッスンを受けたので、その後の旅行中も
夫婦で英語を意識しながら過ごせたのが良かったです。


また、レッスン以外にも、赤ちゃんを連れて街を歩くと、
たくさんの人に声をかけられたり、
赤ちゃん連れ同士で話が弾んだり、
これもまた今回はいいレッスンになりました。
娘に感謝ですね!


今回は、急な申込みにもかかわらず、
対応をしてくださってありがとうございました。


============================================================

いただいたメールを読んだだけで、ハワイの青い空、広い海が恋しくなりました!!


留学してみたかったけど今までなかなかできなかった方、結婚して留学をあきらめた方、
思い切って語学学校に通ってみようかなとお考えの方、ハワイへの旅行+英語留学はそんな方々にもおすすめです。

詳しい内容やご質問はお気軽にSKYフレンズまでお問い合わせください!












5月にご家族でハワイ旅行+短期留学をされたお客様からご報告メールをいただきました。

ご主人様の9日間の休暇を利用し、ハワイへ家族旅行をされましたが、せっかくなので、語学学校にも通いたいとのご希望で、弊社にお問い合わせをいただきました。

ご主人様と奥様+赤ちゃんが、それぞれ別のクラスに入ってのレッスン!

ワイキキ観光の合間に、2日間の授業でしたが、お二人とも、充実したレッスンを受けられたようです。

まずは、ご主人様から届いた一報をご紹介します!

========================================================
今日で2日間の体験レッスンが終わりました。

現地で初級クラスの空きが1人出たこともあって、
初級クラスへの参加となりましたが、
自分にとっては初級でピッタリだったと感じました。

生徒さんは、コンセプト通り30代以上大半で、
自分以外のメンバーは、
 木曜日→ 20代の女性1人
       30~50代の男性と女性が2人ずつ
 金曜日→ 50代の男性1人
でした。
金曜日は参加する人が少ないみたいです。
あと、期間は短い人で1週間、長い人では8週間
といった感じでした。

30代以上でじっくり真剣に学びたい人にとってはいいかも
という感触です。
先生も気さくな感じで、リラックスして学べました。

ただ、スクールである程度会話ができるようになったものの、
ショップ店員の英語は聞き取れず、、、(苦笑)

残りのハワイを満喫して帰ります!

yasutoshi.JPG
========================================================

奥様のレッスンの様子などもレポートしてくださるとのことです。こうご期待!!

旅行+語学学校への通学というカジュアルな留学スタイルは、最近、お子様連れやご年配の方から人気の留学スタイルです。

旅行をしながら気軽に学校に通って、少しでも英語を上達させて、ショッピングや食事などで実戦練習。
学生に戻る時間に触れることができるのもポイントですね!

せっかくの時間を有効に使う現代人ならではのスタイルではないでしょうか!

SKYフレンズでは、ハワイ旅行+語学学校というカジュアル留学スタイルをこれからも広めていきたいと考えています!


親子留学、旅行+短期留学にお勧めのハワイの語学学校 The Hawaii English Academyはこちら

お問い合わせやご質問はお気軽にSKYフレンズまでお寄せください!




カリフォルニア州観光局よりうれしい情報が届きました。

新規便が続々就航し、カリフォルニアへの渡航がますます便利になるそうです。


☆マレーシア航空が2012年3月25日から、クアラルンプール⇒成田⇒ロサンゼルス便を新規就航!

☆日本航空は2012年12月に、成田⇒サンディエゴ 間を開設する計画を発表!

☆全日空は2012年以降、成田⇒サンノゼ 線の就航計画を発表!


留学や観光に人気のカリフォルニア!

アメリカへの留学をご検討されている方、航空券についてのご相談もお気軽にSKYフレンズまで
お寄せください。

CAL.jpgアメリカの語学学校情報はこちらをご覧ください!




留学やロングステイに大人気のハワイに、30歳以上の方限定の語学学校があります。

The Hawaii English Academy ( ハワイ英語学校 ) がその学校。

 

THEA00112.JPG 

現在、生徒の平均年齢は38歳、80歳代の方も通っていらっしゃいます。

ご夫婦でコンドミニアムに滞在し、学校に通うプランは団塊の世代の方に人気です。

 

主なハワイの語学学校では、クラスレベルによっては、午後の授業が必須になる場合が多いのですが、The Hawaii English Academy (ハワイ英語学校)では、フレキシブルに午前の授業と午後の授業が選べるので、観光と学校の両立も可能!

 

1週間から12週間まで、気軽に入校が可能です。

 

THEA5036.JPG 

ワイキキの便利な立地にあり、少人数制(最大7名)の丁寧な授業とベテランの講師陣、また、学校スタッフは日本人スタッフを始め全員バイリンガルで、困ったときは日本語で相談もできて安心!

 

■こんな方におすすめ■

・落ち着いた環境でしっかり勉強したい30歳以上の方

・ちょっと長めのハワイ滞在を考えている方

・観光だけでなくせっかくだからく英語も勉強してみたいという方

・定年後のロングステイや定年旅行中に学校に通って英語を復習してみたいという方

・午前中だけ学校に通って午後はゴルフやショッピングを堪能したいという方

・ご夫婦でゆったりコンドミニアムに滞在し、語学学校に通いたいという団塊の世代の方

・ご家族がハワイに住んでいるという方

・ハワイの語学学校にすぐに通いたいが、他の語学学校では国籍制限で断られてしまった方

 

 

大人の留学をお考えなら、The Hawaii English Academy ( The "A" ) がおすすめです!

 

今なら The Hawaii English Academy ( The "A" ) 取扱いスタートキャンペーン実施中!!

2週間以上お申込みの方に最新ハワイガイドブックをプレゼント!

詳しい学校情報はSKYフレンズまでお気軽にお問い合わせください。

 

THEA-5.JPG 

米国政府は,2010年9月8日(米国東部夏時間午前0時)以降、ESTA申請時には、一人あたり14米ドルを課す予定です。米国政府の説明によれば、申請料の支払いは、ESTA専門ウェブサイトを通じて行い、その際、支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、 VISA、American Express及びDiscoverの4種類に限られるとのことです。

これから2年以内にアメリカに渡航予定をお考えの方は、申請料がかかる前に申請されることをお勧めいたします。

2009年1月12日から米国の入国制度が大きく変更されましたので御注意ください。観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問される場合(米国において乗り継ぎするケースも含まれます。)は、査証(ビザ)を免除されており、米国の査証を取得する必要はありませんが、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って申請を行い、認証を受けなければなりません。事前にESTAの認証を取得していない場合、航空機等への搭乗や米国への入国を拒否される可能性があります。

 

ESTAへの申請、認証の取得

  ESTAへの申請は、専用のウェブサイトhttps://esta.cbp.dhs.gov/から行います。日本語案内のページもありますが、入力自体は英語で行います。入力する内容は、これまで米国入国に際して提出していた出入国カード(I-94W)と同じで、名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報の他、いくつかの質問に対し、はい、いいえで答える形式となっています。インターネット環境のない方や英語による申請が困難な方等は、申請者本人に代わって代行者が申請手続きを行うことも可能です。


  申請に対する回答は多くの場合、即座になされますが、仮に回答が保留された場合は、72時間以内に回答がありますので、数時間後に再度ウェブサイトで確認してください。また、認証が拒否された場合は、最寄りの米国大使館・総領事館で査証申請を行う必要があります。ESTAへの申請自体は、具体的渡航日程が決まっていなくともできますので、米国への渡航予定がある方は余裕をもって申請することをお勧めします。