留学費用 > カナダ留学 > カナダ・トロント

スカイフレンズのカナダ留学・ワーキングホリデーの主な都市

カナダ留学・ワーキングホリデーで人気の都市「トロント」をご紹介


カナダ

留学・ワーキングホリデーに人気のカナダ


広大な国土、豊かな自然、多様な文化が行き交うカナダは魅力がいっぱい

カナダは世界で2番目に大きな国土面積を誇る。広大なカナダは、13の州と準州が集まる連邦国家。

カナダ最大の都市トロントや首都オタワ、世界三大瀑布「ナイアガラの滝」で有名なオンタリオ州。
「世界で一番住みやすい都市」の1つとして知られるバンクーバーや英国の伝統が色濃く残るビクトリア、 世界的に有名なスキーリゾートのウィスラーなどがあるブリティッシュ・コロンビア州。
カナダ第2の都市でもあり、「北米のパリ」と呼ばれるモントリオールがあるケベック州。
ロッキー観光の中心地バンフやカルガリーがあるアルバータ州などが代表的な州。 それぞれの地域が地形的・文化的に特徴を持っている。

また、カナダは様々な国から移住者が訪れる多民族国家。近年はアジア、南米、カリブ海諸国からの移住者数も増え、 現在ではそれらの人々がカナダ全人口に占める割合の40%に上っている。
広大な国土、豊かな自然、多様な文化が行き交うカナダは魅力がいっぱい!!

カナダ トロントとは どんなところ?

Toronto


トロントはカナダ東海岸に位置し、高層ビルが立ち並ぶビジネスと金融の中心を形成するカナダ最大の都市。
トロントの人口約500万人のうち約半数を移民が占める世界屈指の他民族都市。トロントの街にはチャイナタウン、リトルイタリー、コリアンタウンなど約100もの民族街があり、世界の異文化を同時に体感できる魅力的な都市。
トロントには世界的に有名なナイアガラの滝や五大湖の一つオンタリオ湖など自然もたくさんある。CNタワー、スポーツ観戦、オペラ、ミュージカル、博物館も楽しめ、豊富なエンターテインメントも魅力。トロントの公共交通機関の地下鉄、路面電車、バスはかなり発達しているためとても便利。アメリカのニューヨークやシカゴにも気軽に行ける距離なので、トロントを拠点に様々な場所への観光も可能。


留学やワーキングホリデーのカナダのトロント風景
  • 人の多い大都市での生活を好む方におすすめ
  • 世界各国から多くの留学生が集まるので国際交流をしたい方
  • 大都市ならではの楽しみもたくさん、長期留学にもおすすめ
  • 多種多様な文化を味わいたい方
  • ニューヨークなどアメリカにも興味がある方

トロントへのアクセス

日本からトロントまではエアカナダ(AC)と全日空の共同運航便でアクセス可能。 直行便はエアカナダが運航。成田空港から直行便で約12時間。 日本からカナダへの直行便が就航しているのは成田空港のみ。 エアカナダはトロントへ毎日運行している。
トロントの空の玄関口トロント・ピアソン国際空港 Toronto Pearson International Airport から、 北西27kmの位置するダウンタウンへは約30分~40分かかる。 地下鉄とバスを使うのが最も安いが、直通バス、タクシー、シャトルバスなども利用できる。

トロントの気候と気温

トロントの冬は寒さが厳しく積雪も多いので防寒対策をしっかりとすることが必要。夏は比較的過ごしやすいが蒸し暑く感じる日もあり、日よけの帽子や傘などがあると便利。秋は乾燥した晴天が続き、紅葉が美しいトロントのベストシーズン。ただ、朝晩の気温差があるので、簡単なジャケットやセーターを用意すると安心。

カナダのトロントの年間平均気温

トロントの時差・時間

トロントの現在の時刻と気温

カナダのトロントの現在の天気と時刻

日本との時差は-14時間。サマータイム期間は-13時間。

・日本が01月01日00:00 → トロントは12月31日10:00
・日本が01月01日06:00 → トロントは12月31日16:00
・日本が01月01日12:00 → トロントは12月31日22:00
・日本が01月01日18:00 → トロントは01月01日04:00
・日本が01月01日22:00 → トロントは01月01日08:00
※サマータイム期間(3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで)は、トロントの時間をプラス1時間。

トロント市内の交通機関

留学やワーキングホリデーで利用するカナダのトロントの交通機関 トロントの公共交通機関は、Toronto Transit Commission(TTC)と呼ばれる組織が地下鉄・バス・ストリートカーを運営しており、TTCを利用すればどこへでも行くことが可能。トロントの主要観光ポイントやショッピング、レストランなどへはTTCを利用すれば、ほぼ全域アクセスできます。
現金、トークン(乗車専用コイン)、回数券、メトロパス(定期券)で乗車可能。留学やワーキングホリデーで長期間生活する人やTTCをよく利用する人は、メトロパス(定期券)がお得。メトロパス(定期券)は、月ごとに発行される定期券で、区間に関係なくTTCの地下鉄、バス、ストリートカーが乗り放題。

トロントからの国内移動

留学やワーキングホリデーのカナディアン号 ≪飛行機≫
トロントからカナダ国内の各都市へは、エアカナダ・ウエストジェット航空を中心に毎日数多くの本数が出ている。バンクーバーまでの所要時間は約4時間30分。
カルガリーまでは約4時間。モントリオールまでは約1時間30分。

≪長距離バス≫
カナダ国内を走っているグレイハウンドGreyhoundのバスがある。東海岸のトロントから西海岸のバンクーバーを横断するルートもあり、途中でカルガリーやバンフを経由して所要時間は約70時間。
トロントからモントリオールまでの所要時間は約7時間。

≪鉄道≫
トロントのユニオン駅からバンクーバーまではVIA鉄道のカナディアン号で結び、走行距離は4466kmで4泊5日で走る。トロントからモントリオールまでの所要時間は約5時間。

トロントの滞在 (ホームステイ・シェアハウス)

留学やワーキングホリデーで利用するカナダのトロントのホームステイとシェアハウス 滞在方法は主にホームステイとシェアハウスの二つに分けられる。多くの方は現地に到着してまずホームステイをします。カナディアンとの交流、食事の提供、安全の確保などの観点からもトロントの生活に慣れるまでの期間はホームステイがおすすめ。
ホームステイは、英語の学習だけでなく、カナダでの生活を肌で感じることが出来る一番の方法。事前にホームステイを手配しておく期間としては、生活に慣れ、次の滞在先を探す期間として2ヵ月間から3ヵ月間ぐらいは必要。

トロントは、世界の様々な国から移住した移民により成り立っているため、ヨーロッパ系以外にもアジア系出身のホームステイファミリーもいる。
ホームステイの家族構成は、父・母・子供の家族、母子家庭、老夫婦など様々。他の留学生やワーキングホリデーの方も一緒にホームステイをする場合もある。
留学生やワーキングホリデーの方が利用するシェアハウス
トロントの街は東京のように大きな街で、語学学校が街の中心地にあるためホームステイ先から語学学校までは約40分から1時間ぐらい交通機関利用して通うことになる。

トロントのホームステイ価格相場は、1ヵ月750ドルから1000ドル

シェアハウスは、トロントの街中はもちろん、少し離れた郊外まで幅広くあり、滞在費用も節約できる。また自分のペースで生活ができるメリットもある。 しかし、シェアメイトが留学生同士の場合などは、現地のカナディアンとの交流が減ってしまう可能性もある。

トロントのシェアハウスの価格相場は、1ヵ月350ドルから800ドル(光熱費込み)

トロントでの1ヵ月の生活費

①Aさん ワーキングホリデー 滞在先シェアハウス
家賃$500 食費$200 交通費$20(移動は主に自転車) その他$150(携帯電話や交際費など)
アルバイト$480(時給8ドル) 合計$390 (日本円で約35000円)

②Bさん 留学 滞在先シェアハウス
家賃$380 食費$300 交通費$100(1ヵ月のメトロパス) その他$300(携帯電話や交際費など)
合計$1080 (日本円で約97000円)

③Cさん 留学 滞在先ホームステイ
家賃$750 食費$100 交通費$100(1ヵ月のメトロパス) その他$200(携帯電話や交際費など)
合計$1150 (日本円で約103500円)

④Dさん ワーキングホリデー 滞在先シェアハウス
家賃$700 食費$200 その他$250(携帯電話や交際費など) アルバイト$900(時給9ドル)
合計$250 (日本円で約22500円)
  
⑤Eさん ワーキングホリデー 滞在先ホームステイ
家賃$820 食費$100 交通費$100(1ヵ月のメトロパス) その他$150(携帯電話や交際費など)
アルバイト$500(時給8ドル) 合計$670 (日本円で約60000円)

※$1=¥90で計算しています。

カナダ・トロント留学やワーキングホリデーのおすすめスポット

CNタワー

カナダ・トロントの観光スポットのCNタワー

カナダを代表する観光スポットのひとつ、トロントの中心部にそびえ立つCNタワー。高さ553メートル。床の一部が透明で、空に浮かんでいるようなスリルが味わえる展望台。オンタリオ湖北岸という絶好のロケーションにあるため、トロントが一望でき眺めの良さも抜群。

ナイアガラ

カナダ・ワーキングホリデーのナイアガラ写真

世界有数の観光名所であるナイアガラの滝。約1万2千年前、氷河によって作られたこの滝はカナダとアメリカの国境にあり、豊富な水量で雄大な景色は圧巻。この景色に魅せられ、トロント滞在中、何度も訪れる留学生も多い。トロントからバスで約2時間・約30ドルから。

味覚の宝庫のエスニックタウン

カナダ・トロントの観光スポットの外国人街

人種のるつぼであるトロントには、チャイナタウン・ギリシャタウン・リトルイタリー・コリアンタウン・リトルインド・様々な外国人街がある。それぞれの国、文化を体感することができ、あらゆる料理が味わえる。

最先端のファッション発信基地

カナダ・トロントのショッピングセンター

世界の一流ブランド店が立ち並ぶブロア・ヨークビル。流行に敏感な若者の街クィーンストリート。300店舗を超える街のシンボルのイートンセンター。また、トロント郊外には巨大なショッピングセンターが各所にある。

スポーツ観戦

カナダ・トロントのスポーツ観戦

スポーツも人気があり、カナダに位置しながら、メジャーリーグチームのトロントブルージェイズや氷上の格闘技といわれるカナダの国技アイスホッケー、ナショナルバスケットボールリーグのプロスポーツチームがあるなど、様々なスポーツイベントが一年を通じて行われている。

近くのニューヨーク

カナダ・トロントから行きやすいニューヨーク

トロントからニューヨークへは、飛行機で約1時間30分と気軽に行ける距離。長距離バスでも約10時間。現地旅行会社がツアーを出しており、2泊3日で$600ぐらいで販売している。ニューヨーク以外でもヨーロッパも日本より比較的安く行ける。

Copyright(C)2011 SKYFRIENDS.LLC.Inc All rights reseved.

SKYフレンズは語学留学、ワーキングホリデー、ホームステイなどの留学プログラムを、分かりやすく格安な留学費用でご案内。あなたの海外生活の第一歩を応援します!