カナダ

パシフィック ゲートウェイ インターナショナル カレッジ 

バンクーバー校の体験談

『英語は英語で理解しよう』在学期間:36週間

パシフィックゲートウェイインターナショナルカレッジ バンクーバー校の長期留学生 Pacific Gatewayで学んだことで英語の学習上、一番ためになったことは何ですか。
今までは英語を日本語で理解するというやり方で勉強してきたのですが、Pacific Gatewayで英語を学ぶことによって、英語を英語で理解するようになりました。 そうすることによって、今まで以上に文法が理解しやすくなったと感じます。あとボキャブラリーも、習ったらその日に使うようにすることによって以前より覚える量が増えたと感じます。

Pacific Gatewayで学んだことで英語学習以外の事で役立ったことがあれば教えてください。
さまざまな国の学生がいるので、文化や言葉を学べることができます。バンクーバーはいろんな人種の人がいるので、少しでも他の国のことを知ってると友達の輪も広げることもできるし、コミュニケーションがスムーズになるのでとてもいいなと感じます。

この留学で思い出深い出来事を教えてください。
放課後にみんなでイングリッシュベイやキツラノビーチでお話したりビーチバレーしたりしている時間がとても楽しいです。

留学前と自分がどう変わりましたか。
留学前は、あまり話すのが得意な方じゃなくインドアでした。でもバンクーバーで生活するうえでインドアではいられません。自分でも驚くほど外で遊ぶことが増え、最近では自分から積極的に行動や話すことができるようになったと感じています。

これからPacific Gatewayに留学する方にアドバイスをお願いします。
バンクーバーは日本人がたくさんいるので自分次第で英語が上達するかしないかが変わってきます。なので、自分の目標や留学の目的をしっかりもってきたほうがいいと思います。

『人として成長できる留学を!』在学期間:12週間

パシフィックゲートウェイインターナショナルカレッジ バンクーバー校の長期留学生 Pacific Gatewayで学んだことで英語の学習上、一番ためになったことは何ですか。
1番、ためになったことは、GLS(国際コミュニケーション塾)での学長のサミーの授業で、「英語のラジオを毎日30分以上聞く」という実行したことです。最初は何を言ってるのか全然わからなくて、すごく不安になりました。でも、めげずにずっと聞き続けていると、だんだん理解出来るようになってきた、そうしたらラジオを聞くことが楽しくなってきました。とてもよかったです。

Pacific Gatewayで学んだことで英語学習以外の事で役立ったことがあれば教えてください。
英語学習以外で役に立ったことは、やっぱりGLSでの授業です。学長のサミーさんや他の人の話をたくさん聞いて、英語の勉強の前に自分の性格を変えることが出来ました。発声練習などで、声がもっと大きくだせるようになったし、とても役に立った授業でした。

この留学で思い出深い出来事を教えてください。
思い出深い出来事は、トーキングコンテストに参加をしたことです。参加したことで、自分に自信がついて積極的に行動できるようになりました。バンクーバーの人達は、みんな親切で笑顔が素敵でした。

今、何をしているか教えてください。
今は、専門学校に通っています。

これからPacific Gatewayに留学する方にアドバイスをお願いします。
パシフィックゲートウェイは、英語を勉強出来ることはもちろん、人としても成長出来る環境が整っています。いい先生や他国の友達にたくさん出会える場所です。

『外に出て、カナディアンと話せ』在学期間:36週間

パシフィックゲートウェイインターナショナルカレッジ バンクーバー校の長期留学生 Pacific Gatewayで学んだことで英語の学習上、一番ためになったことは何ですか。
間違いなくトーキングコンテストです。英語でコミュニケーションをはかり1ヶ月で何人のカナディアンと話し、そして名前が聞けるかというコンテストで、それを初めて聞いた時からすぐに興味を持ちチャレンジしてみました。 自分から話しかけないと英語は上達しないということを常に頭に入れ、ひたすらカナディアンに話しかけていくうちに、英語の上達のことよりも失敗OK、次にいかせばいいといった度胸がついてきたことに気がつきました。しかもたくさんの人と触れ合っているうちによくあったケースが、日本大好きのカナディアンにたくさんめぐり会えたことです。とても優しくしてくれて、時には家族のようにパーティーや食事に誘ってくれる方もいました。そこで日本とカナダの文化や人種の違いについて話したりもして、トーキングコンテストに参加していた時はとても充実していたと言えます。 パシフィックゲートウェイの学生であるなら、絶対参加するべきです!他の学校では味わえない体験ができるかもしれません。Let's try it now!!

Pacific Gatewayで学んだことで英語学習以外の事で役立ったことがあれば教えてください。
「自分というブランドを作り上げていけばいい」という学長のSammyの言葉です。自分とはいったいなんだろうと考えさせられたり、自分の役目って何なんだろうって思うことが、その後多くなりました。 人はそれぞれにその人にしか出来ないことがきっとある。だからそれを見つけるために今すべきことに一生懸命取り組めばいいと思うようになり人生を前向きに考えるようになりました。パシフィックゲートウェイは他の学校と違って、ただ単に英語だけを教えるだけでなく、これからの人生についても考えていく人生相談の場でもあると思います。

この留学で思い出深い出来事を教えてください。
夏のベースボールキャンプです!!自分はバンクーバーに来た次の日に学長のSammyに会ったのですが、その時に『自分は野球を10年やっていました。英語で出来るかわかりませんが野球の指導がしてみたいです』と申し出たところ、子ども達に野球を教えるコーチを必要としているチームを紹介してもらい、6月、7月のほぼ毎週末、8月は1ヶ月の休学をして週末意外毎日朝から夕方まで教えていました。 ここで、1つ面白い違いに気付いたのです。それは、大人と英語で接するときに何となく話していた英語を子どもにもごく普通に使っていたときに、大人と違って子どもはそれを直してくれることです。子どもは本当に正直で自分の英語がなめられた時は本当に悔しかったですが、でもそうやって気付かせてくれる存在により、自分の総合的な英語力が上達したのはいうまでもありません。失敗を恐れずに毎日積極的に子どもたちに話しかけ続けた結果、人と接する力や度胸もつき面白いことにTOEICの点数も毎月上がり続けました。図書館で文法書とお話しをするのではなく、外に出てカナディアンとお話(特に子ども^^)することを心底お薦めします。

今、何をしているかを教えてください。
Pacific Gatewayの学生としてWest Trek(カナダの旅行会社)でインターンシップをしています。ここでもひたすらトークトークトークですね。カナダの人と、ふれ合えばふれ合うほど日本人との違いが見えてきて面白い。苦労することもたくさんあります。スラングが分からなくて話についていけなかったり、冗談に反応できなくて答えられなかったり。仕事の面では用件を頼まれたときにそれが充分に理解できていなくて間違えてしまったり。へこむ時も多々ありました。人と接するのが好きな自分でも、時々話すのが怖いと思うまでになったこともありました。でも逃げないで毎日こつこつと頑張っていきました。 苦労して自分の弱さに気付いて、そこからまた前向きにやってきけばいいと(しかもそれにより人にも優しく出来る)。努力とリスクを背負った上で毎日1歩でもいいから前進していくことにより人格も形成されていくのだなと思いました。日本でもひたすら自分磨きに励んで、CoolなNobuでいたいと思います。

これからPacific Gatewayに留学する方にアドバイスをお願いします。
もう文法書とはおさらばして、外にでてどんどんカナダに溶け込んでいましょう(^^)せっかく縁があって留学にきているのだから、思う存分カナダのことを知っちゃいましょう!しかもバンクーバーはかなりの多国籍都市だからいろんな国の友達を作る大チャンス。一生の財産をここで作りましょう。

『最初から決めつけたら損!』在学期間:48週間

パシフィックゲートウェイインターナショナルカレッジ バンクーバー校の長期留学生 Pacific Gatewayで学んだことで英語の学習上、一番ためになったことは何ですか。
シャイじゃなくなったことです。英語ってたくさん知識だけ溜め込んでてもだめで、話し方や使い方を知らないと全く意味がないんだと思うんです。だから僕はひたすら道端で知らない人たちに声をかけたりしました。たまに変な酔っ払いに絡まれることもありましたけど、今では良い経験です。こっちに来たときはかなり億劫でしたけど、今ならなんなく話しかけられます。

Pacific Gatewayで学んだことで英語学習以外の事で役立ったことがあれば教えてください。
色んな国の文化を学びました。インターネットだとか本では触れられない、本質を見ることができます。それのお陰で、今までは嫌いだった国が好きになったり、場所すら知らなかった国に興味を持ったり。日本ではOKでも、他の国の人にはOKじゃないなんてことがたくさんあります。 自分がコミュニケーションを取るのはただカナディアンだけじゃなくて、英語圏以外の人ともしたいので、帰ってからまだまだやるべき勉強がたくさんあるなぁと思いました。

この留学で思い出深い出来事を教えてください。
僕の間抜けな英語のミスたちです。カナダ最終3ヶ月で僕はカフェでインターンシップをしてました。それまでPacific Gatewayには9ヶ月もいて、英語もそこそこ話せるようになって、自信を持っていました。でもそのカフェで、そんなプライドは一気に崩れ去りました。 まずGRILLの発音が全く通じないということです。何回言ってもだめだったので、最終的にはDo you want it G,R,I,L,L,E,Dみたいにスペルでお客さんに聞きました。そのときお客さんは苦笑いしてました。

そして他には、働いて何日か経って、仕事にも慣れた始めたころ、僕はとんでもないミスを犯してしまいました。一人の女性客が僕に「ラテ、シロップ入りで。」と尋ねてきました。皆さんもおわかりの通り、カタカナ英語は日本人を一番困らす厄介な要因の一つです。僕はシロップをサランラップと勘違いしました。それでラテを作り終わった後、そのラテにラップをかけて、「ラテ、サランラップ付きです。」と言ってお客さんにそれを渡しました。するとお客さんは大爆笑で、そのあと自分の同僚が笑いながらやってきて、新しいシロップラテを作ってくれましたが。穴があったらそこに入りたかったぐらい、恥ずかしかったです。

学校の中では日常会話より難しいトピックを話しますが、外に出ると簡単な内容の英語のやり取りがうまくできなかった自分にものすごく腹が立ちました。本物のカナダを実感できたインターンシップ3ヶ月間でした。

留学後のあなたはどう変わりましたか。
考え方が180度変わりました。 例えば、留学前は資格だとか自分が過去に何かしたこと、何か得たことで十分だと思ったりしてましたが、今はそういったことは使えなければ意味の無い過去のモノとしか思えなくなりました。他にも誰々はこうだからこうだ、と最初から決め付けなくなりました。学生だから何もしらないんじゃなくて、あなたが学生を何もしろうとしていないだけ。日本人はシャイなんじゃなくて、あなたがシャイなだけ。そうやってると、せっかくの留学で得られるものがどんどん少なくなってしまいますからね。要するに、最初から決め付けると、自分が損をしてしまうことに心から気づけました。結構ポジティブになったと思います。 それと、自分を主張できるようにもなりました。自信を持って自分の意見を言えるようになりました。昔は、何か言ったら友達にこう思われるとか、そんなことばかり考えてました。今はそんなこと考えずに自分を主張してますね。自分が何か行動しなきゃ、何も変わらないですからね。

これからPacific Gatewayに留学する方にアドバイスをお願いします。
とりあえず1日の9割をENGLISH ONLYで!あとは放課後常に予定を入れてください。せっかくカナダに来たのに、家でYOUTUBEなんて見てたらすごく勿体無いですよ。飲みでもクラブでも色んなところに行って、友達を作ってきて下さい。それと、もしトーキングコンテストをするなら、最低でも3分は話して、それからサインしてもらいましょう。ちょっと話しかけるぐらいなら誰でもすぐに簡単にできます。長く話そうと心がけることが大事だと思います。話しかけた人数も大事ですが、それ以上に話した時間の方が重要だと思います。そうしてるうちに話すことが楽しくなっていくと思います。

Copyright(C)2011 SKYFRIENDS.LLC.Inc All rights reseved.

SKYフレンズは語学留学、ワーキングホリデー、ホームステイなどの留学プログラムを、分かりやすく格安な留学費用でご案内。あなたの海外生活の第一歩を応援します!