留学やワーキングホリデーの語学学校の最新情報、お得な割引情報などをご紹介。留学費用・ワーキングホリデー費用を格安にするSKYフレンズ

インターナショナル カレッジ オブ クィーンズランド オーストラリア

オーストラリア・ブリスベンにある語学学校 International College of Queensland Australia ( ICQA )で人気のアニマルケアのボランティアプログラム。

今回はその内容についてご紹介します。

ICQAのアニマルケアボランティアは、現地の観光スポットの一つ、Lone Pine Koala Sanctuary(ローンパインコアラ保護区)にて行うボランティア活動です。

ローンパインコアラ保護区は、1927年に世界で最初にオープンし、現在世界最大のコアラ保護区です。

130頭以上のコアラを始め、100頭以上のカンガルーやワラビー、そしてウォンバット、タスマニアンデビル、ディンゴ、カモノハシ、ハリモグラ、ミュー、ロリキート、ワライカワセミ、トカゲ、コウモリ、鷹や鷲などの猛禽類やそのほか多くの動物がいます。 

動物が好きな方はもちろん、獣医学部の学生さん、動物関係の専門学校の学生さんなどにも人気のアニマルケアボランティアプログラム。
ご興味のある方は是非お気軽にSKYフレンズまでお問い合わせください!

a0027_000033.jpg

※なお、このボランティア活動は、ICQAの日本語教師アシスタントやチャイルドケア・ボランティアと異なり、Lone Pine Koala Sanctuaryのみがボランティア先となっており、受け入れ人数に限りがあります。
空きの確認をいたしますので、参加ご希望の方は、参加希望時期や留学期間などを早めにご連絡ください!


ICQAの学校情報はこちらからご確認ください


オーストラリア・ブリスベンの語学学校ICQA( International College of Queensland Australia)より、期間限定の入学金免除キャンペーンのお知らせが入りました!

ICQAは、日本語教師ボランティア、チャイルドケアボランティア、介護・養護施設でのボランティアなど、ボランティアプログラムも充実しています。

ブリスベンへの留学・ワーキングホリデーをお得に実現しましょう!


キャンペーン内容Enrolment Fee($200.00)免除

期間:2012年125日~2012年229

対象:期間に頂いた全てのお申込


ICQAの学校情報はこちらからご確認ください!


オーストラリア・ブリスベンにある語学学校International College of Queensland Australia(ICQA)より、アニマルケアボランティアプログラムについての連絡が入りました。

ICQAでは、ボランティア+英語のコースが人気ですが、現在、中でもアニマルケアのボランティアが大人気で、お申込み前に事前に現地に空きの確認が必要とのことです。

 

夏休み期間中ということもあり、この時期ブリスベンへの留学生も増えています。

ブリスベンは美しく整備されたブリスベン川を中心に、公園、植物園、美術館、博物館そしてショッピングセンターがあり、近代的なビルと英国調の古い建物が建ち並び、とても落ち着いた雰囲気の都市と自然が調和した美しい街です。

1年間を通して温暖な気候なので、これからの冬シーズンも過ごし易く人気です。

 

ICQAのアニマルケアボランティアは、プログラム参加時期や期間によって、直前でも手配ができることもありますので、ご興味のある方はお気軽にSKYフレンズまでお問い合わせください!

 

International College of Queensland Australia(ICQA)の情報はこちら

 

 

 

 


 

オーストラリア・ブリスベンにある語学学校ICQAより、ニュースレターが届きました。

2011年6月1日現在、ICQAに通っている生徒は16カ国から122名、国籍割合は以下の通りです。

1. コロンビア= 26% 

2. 韓国= 21%

3. ブラジル =11%

4. 日本 = 9%

5. ベトナム = 8%

6. エルサルバトル = 6%

7. スペイン=5%

その他、ウクライナ、イタリア、ラトビア、ロシア、中国、台湾、タイ、コスタリカ、ペルーなどからたくさんの留学生が一緒に学んでいます。オーストラリアの語学学校の中では、日本人の割合が少ない学校です。

また、ICQAではボランティアプログラムに力を入れており、ボランティアを体験したいという生徒の方にもおすすめです。

ニュースレターでは、これからの季節のイベント情報や、オーストラリアでの東日本大震災のチャリティーイベントの様子など情報が盛りだくさんです。

 

blog217.jpg

ICQA語学学校情報はこちら

 

ブリスベンにあるICQAより、イベント情報が届きました。

 

第33回ゴールドコースト・エアポートマラソンが、2011年7月2日・3日の2日間行われます。 

2kmと4kmのジュニアダッシュ、5kmチャレンジ(徒歩かジョギング)、10kmラン、 ハーフマラソン、 車椅子ハーフマラソン、そしてフルマラソンに分かれています。

このイベントは癌予防チャリチー募金の役割も担っており、Cancer Council Queenslandへの義援金活動も行っています。


参加費用はハーフマラソンで$125、フルマラソンで$155ですが、早期申込者には割引があります。

昨年の参加者は23,000人を超え、日本人参加者は1,100人を超えました。 その時の女子フルマ
ラソンでは吉田香織選手、松尾千春選手そして藤田真弓選手が一位から三位までを独占し、男子
ハーフマラソンでは日本人選手が10位までに7人も入る快挙を成し遂げました。

 

なお、2011年5月1日現在、ICQAの受講生数は15カ国から130名で、その国籍比率は次の通りです。

1. コロンビア= 26% 

2. 韓国= 19%

3. ブラジル =13%

4. 日本 = 9%

5. ベトナム = 8%

6. エルサルバトル = 6%

7. スペイン=5%

8. チリ=3%

その他、ウクライナ、イタリア、ラトビア、ロシア、中国、台湾、タイ、コスタリカ、ペルーなど

 

ICQAニュースレター3月号では、英語+日本語教師ボランティアをされた方の体験談が載っています。

英語+日本語教師ボランティアはご希望の方が多い人気プログラムです。

ICQAの英語+ボランティアコースでは、日本語教師ボランティアの他、チャイルドケア・老人介護施設・養護施設・アニマルケアなどのボランティアに挑戦できます。

 

  blog218.jpg 

オーストラリア・ブリスベンにある語学学校ICQAの案内サイト

blog224.jpg ICQAでは現在貝沼竜輔以外に二人の日本人スタッフが常駐しています。その内の一人「美咲」をご紹介させていただきます。

 

 

美咲Cookは4ヵ月ほど前からICQAのアドミニ担当として、受講生と接する機会が多い目本人です。カナダ、アメリカ、中南米での生活経験と目本では英語学校のスタッフとしての経歴を持っています。現地で困った時など、ご相談頂ければ、親切に対応させて頂きます。

 

 

皆さんこんにちは。アドミニスタッフの美咲です。以前カナダに語学留学したことがきっかけとなり、アメリカやメキシコで日本語を教えるボランティアをしたり、日本ではたくさんの国の人々と触れ合える英会話スクールや観光案内所で仕事をしていました。

 

今はオーストラリアの語学学校ICQAで働いています。毎週色んな国籍の人々が英語を学ぶために入校されています。

 

英語を学ぶ目的は人それぞれですが、上手になって英語という言葉を使い、文化背景の違う人たちと意思疎通ができるようになりたいという気持ちは共通だと思います。

 

オーストラリアは自然が豊かな美しい国ですが、人々もおおらかで。ユ-モアたっぷりなので、リラックスして英語を学ぶには最適な場所だと思います。

 

アウトドアなどのアクティビティも豊富なブリズペンで充実した留学・ワーホリ体験をしてみてはいかがでしょうか。』

 

 

 

ICQAの受講生の感想≫

IELTS Exam Preparation 33 週間

 

今私はブリスペンに来て、すでに7ヵ月が経とうとしています。

この間を振り返ってみると、留学前に抱いていた変な期待、例えば留学すれば簡単に

英語が喋れるようになるといった考えは、まるっきり違うことだと感じました。

 

学校でみんなと一緒に授業を受けて、クラスのレペルは上がったものの、英語でのコミュニケーション能力は同じ時期に入学した南米の人とは比べ物にならないほどの差がつきました。

 

南米の人や他の国の人は、自分から他の人になんでも話しかけ、授業の途中でもわからないことがあればすぐに先生に聞くというような姿勢に対して、私も含め日本人は消極的だから、なかなかコミュニケーション能力が伸びないのだと感じました。

 

日本では消極的ではなかった私も、英語力が乏しいためについつい消極的になってしまいました。

 

今ではその考えを捨て、間違ってもいいからなんでも話そうと心掛けています。私は今、IELTSを勉強しています。 IELTSの勉強を始めた時、最初はその難しさに圧倒されました。

 

IELTSTOEICと同じものだと考えていたからです。 IELTSコースのクラスメイトのレペルも高く感じ、正直学校に行くのが嫌なこともありました。でも担任の先生が優しくサポートしてくださったので、今ではクラスメイトとも馴染み、学校に行くのが楽しくなりました。

 

来年からはAviationに通うことが決まったので、これからも積極性を忘れずに勉強に励みたいと思っています。

 

 

 

8月のICQAの国籍割合

ブラジル21% コロンビア23% インド17% 韓国12% ベトナム7% 日本9% その他11(イタリア・ラトビア・ハンガリー・アルゼンチン・ベネズエラ・メキシコ・モンゴルなど)

 

9月のICQAの国籍割合

ブラジル21% コロンビア23% インド14% 韓国11% ベトナム7% 日本8% その他14(イタリア・スペイン・ラトビア・ハンガリー・アルゼンチン・ベネズエラ・メキシコ・モンゴルなど)

 

International College of Queensland Australia ICQA
インターナショナルカレッジオブクィーンズランドオーストラリア
オーストラリア : ブリスベン

 

 

≪ブリスベンの物価≫

市内バス運賃:

具体的にはほとんどのホームステイ先がソーン3または4に位置しているため通常ゾーン3で週で$27.20です。 日本と比べると若干高いかも知れません。

タクシー:

平日7:00から19:00は初乗り運賃が$2.60。1kmごとに$1.91加算されます。渋滞などで停止している時は毎分に$0.67が加算されます。 また、祝日・深夜・早朝(0:00から5:00)の初乗りは$6.00です。 タクシー会社により多少異なります。

シティーエリアのシェアハウス:週$120から

映画鑑賞券:$12.00から$15.00

パブで飲むビール:約$4.00

スターバックスのMサイズコーヒー:約$4.00

マクドナルドのビックマック:約$8.00

国際電話:インターナショナルコーリングカードを$20ドル購入して、日本に電話した場合4から5時間通話可能。

 

  blog225.jpg「ICQA受講生の感想」

一般英語(週25時間授業)(クラス:Intermediate)&日本語教師アシスタントボランティア

私は将来日本で小学校の教師になりたいと考えており、英語研修だけでなく異国の地でボランティアとして日本語教師が経験できる学校を探しておりました。

ICQAなら英語研修+ボランティアというプログラムがあることを知り、ICQAに決めました。一番印象に残ったことは、授業がアカデミックな内容だけでなく、実践的な会話英語を学ぶことができたので、他国の学生との会話の中ですぐに授業で習ったことが使え、様々な国籍の友達ができたことです。

日本の学生は比較的少なく、ブラジルやコロンビアといった南米からの学生たちが多く、授業中だけではなく、週末も一緒に小さいころからやっていたサッカーをして過ごしています。

留学して「もっと日本について勉強をしておけばよかった」と感じることが多くあります。他の学生と話していると「日本はどうなの?」と着かえることが多く、日本人として答えられないこのとのもどかしさを感じることがあります。

これから留学を考える人にアドバイスとして、是非とも日本のことを勉強してから留学されることをおすすめします。

 

7月1日現在のICQAの国籍割合

ブラジル21% コロンビア21% インド18% 韓国12% ベトナム7% 日本5% 台湾3% スペイン3% その他10%

 

International College of Queensland Australia ICQA
インターナショナルカレッジオブクィーンズランドオーストラリア
オーストラリア : ブリスベン

 

 

 

 

 

blog227.jpg

blog226.jpg

以前からあるGeorge Streetのキャンパスに加え、今年からクィーンストリートモールに程近いAlbert Streetにもビル3階・4階にキャンパスをオープンしました。

 

教室数は6、他に学生ラウンジを各階に1つやコンピュータールームがあります。学校初日は、George Streetキャンパスにて集まり、クラス分けテストの結果により各キャンパスに振り分けられます。

blog228.jpgICQAに新しく日本人カウンセラーが加わりました。

日本カウンセラーとして、現地にて皆様のお客様のお世話をさせていただきます。

  「はじめまして、貝沼竜輔です。ICQAにおける日本人の一番人気は、英語十ボランティアコースです。現地施設等でのボランティア活勤を通じて、オ一ストラリアの社会の仕組み仕事や生活のあり方など、目本とは全く異なる文化、習慣、考え方を体験でき、お客様の留学がより有意義なものになると思います。当地にて皆様のお手伝いをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。」

 

 

6月1目現在、当校の受講生の278名で、その国籍比率は次の通りです。

ブラジル=23%、コロンビア=22%、インド=15%、韓国=10%、ベトナム=8

目本=8%、スペイン=4%、その他(メキシコ、パナマ、エルサルバドル、ペルー、

チリ、台湾、中国、ネパール、モンゴル、トルコ)

 

International College of Queensland Australia ICQA
インターナショナルカレッジオブクィーンズランドオーストラリア
オーストラリア : ブリスベン