留学費用 > カナダ ワーキングホリデー >  カナダワーキングホリデー よくある質問

よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問をQ&A方式でまとめました。

カナダワーキングホリデービザに関するご質問
  • カナダワーキングホリデービザ申請代行を申し込みたいのですが、どうしたらよいですか?

    まずはこちらにお問い合わせください。担当者よりご連絡差し上げます。IEC登録に必要な情報をご提出いただきます。 (パスポート顔写真ページのコピー、現住所、5年以内に半年以上の海外渡航歴があるかどうか、婚姻歴等をお伺いします。)
  • 手数料はいくらですか?

    【2019年SKYフレンズビザ申請サポート費用】
    ■ビザ申請費用・・・250ドル(25,000円)※クレジットカード手数料含む
    ■弊社代行手数料・・・14,800円
    ■合計・・・39,800円

    ※2018年12月31日以降のビザ申請よりバイオメトリクス(個人識別情報)の提出が義務付けられました。上記料金に加え、バイオメトリクスの申請費用として85ドル(8,500円)がかかります。
    ※SKYフレンズで語学学校をお申込みの場合は4,800円を学校費用より割引しますので、実質弊社代行手数料が10,000円です。
    ※上記費用に関しましては、カナダワーキングホリデー渡航許可証が発給されましたらご請求いたします。万が一、渡航許可証が発給されない場合は、費用を請求致しませんので、ご安心ください。
  • 31歳になっても渡航できますか?

    18歳から30歳(31歳のお誕生日)までにIEC登録をし、Invitationが届きましたら、31歳になってからでもビザ申請可能です。
    カナダワーキングホリデー渡航許可証が発給されてから、1年以内にカナダへ入国をし、入国審査官の最終的な判断で1年間のビザを取得します。カナダ入国時に31歳になっていても問題はございません。
  • 渡航許可証が取得できるまでの期間はどれくらいかかりますか?

    IEC登録からInvitationが届くまでの期間は、個人差があります。 カナダ移民局サイトには、現在の状況が表示されていますので、参考になさってください。

    これまでの経験では、「Chance of receiving an invitation in the next round」がVery lowの場合は、しばらく(過去の経験では1ヶ月以上)Invitationが届かないことがありましたし、Excellentの時は、IEC登録後、数日でInvitationが届きました。あくまでも目安として御覧になってください。
  • ワーホリ中にパスポートの期限が切れそうな場合は、どうしたらよいですか?

    ビザ申請前に更新することをおすすめします。まだ有効期限が1年以上ある場合の更新は、最寄りのパスポートセンターにお問い合わせください。 もし、パスポートセンターへの説明が必要でしたら、カナダ移民局のホームページをプリントアウトをして、こちらのページに記載されているようなことをパスポートセンターの方へお伝えいただくとよいでしょう。

    カナダワーキングホリデービザ渡航許可証は、申請を行い、渡航許可証が発給されてから、カナダ入国までに1年間の猶予期間があります。 渡航許可証が発給されてから、1年以内にカナダへ渡航し、入国時に入国日から1年間のワーキングホリデービザが発給されます。

    しかし、カナダ移民局のホームページに記載がある通り、パスポートの残存期間によって、滞在期間が1年未満になってしまいます。カナダに入国した日から1年間のカナダワーキングホリデーを希望するために、パスポートの更新が必要です。
  • 海外滞在中でも申請代行をしていますか?

    はい、海外いらっしゃるお客様もメールのみで申請代行を承っております。ただし、費用のお支払いに関しましては、弊社指定の日本の口座へお振込みをお願いします。
  • カナダに観光で滞在中で、ワーキングホリデービザに切り替えたい場合はどうすればよいですか?

    カナダへ観光ビザで入国し、ワーキングホリデービザへ切り替える場合は、渡航許可証が発給された後に、第三国へ出国し、カナダへ再入国をします。カナダの入国審査官による最終判断にて、1年間のカナダワーキングホリデービザを発行してもらいます。

    ご参考までに、第三国からカナダへの再入国について、バンクーバーへ滞在者を例にご案内します。 バンクーバーからアメリカ・シアトルへは、日帰りでも行けるため、メジャーリーグ観戦をしたり、アウトレットへ寄ったり観光をして、カナダへ再入国する方が多いです。

    交通機関は、バスや鉄道を利用すると便利です。アメリカ入国には、オンラインで申請可能なESTA登録が必要になります。また、陸路でアメリカへ入国する際に、I-94というアメリカ出入国記録カードへの記載が求められますが、ESTA申請済みの場合は、免除になることもありますので、詳しくは利用されるバスや鉄道会社からのご案内を参考にしてください。
  • 海外渡航歴がある場合、無犯罪証明書が必要と聞いたことがありますが、どうしたらよいでしょう?

    5年以内に半年以上の海外渡航歴がある場合、ビザ申請中にカナダ移民局より無犯罪証明書の提出を求められる可能性があります。 弊社では、オーストラリアとニュージーランドの無犯罪証明書の申請代行も可能です。

    【オーストラリア無犯罪証明書】
    申請料:4,500円
    申請代行料:5,000円
    合計:9,500円

    【ニュージーランド無犯罪証明書】
    申請料:なし
    申請代行料:5,000円
    合計:5,000円

    ※カナダ移民局より提出を求められた場合のみ、ご用意ください。
  • 自分で途中まで申請したのですが、途中からでも申請代行可能ですか?

    まずは、ご自身でカナダ移民局へ登録をされたアカウント情報(Username、パスワード、秘密の質問&回答)をお知らせ下さい。弊社で確認をし、申請代行が可能かどうかを確認します。
  • 申請の途中で予定が変わった場合、どうしたらよいですか?

    すぐに担当までご連絡下さい。ビザ申請の途中でしたら、もしキャンセルをしても問題ございません。その場合は、費用は発生しません。今後、またカナダワーキングホリデービザを申請したい場合は、条件を満たしていれば、IEC登録から手続きが可能です。

    しかし、ビザ申請が完了後、渡航許可証が発給された後は、キャンセルできませんのでご注意ください。 申請料や弊社申請代行手数料もお支払いいだきます。 カナダワーキングホリデービザ渡航許可証は、一生に一度しか取得できません。一度、渡航許可証が発給された場合、予定が変わって渡航しなかったとしても、今後申請は不可能になります。
  • イギリスワーキングホリデーの抽選をしたいのですが、同時にしても大丈夫ですか?

    はい、他国のワーキングホリデービザも同時に手続き可能です。
  • 外国籍ですが申請代行をお願いすることはできますか?

    カナダワーキングホリデービザ申請代行は、日本のパスポートをお持ちのお客様のみ承っております。
  • バイオメトリクスとはなんですか?

    バイオメトリクトとは、生体認証情報登録(指紋情報の登録)のことで、2018年12月31日以降のカナダでの学生ビザ、ワークビザ、移住ビザの申請に必要となりました。(年齢が14歳以下、または80歳以上の方、観光ビザ、また6ヶ月未満の短期留学では不要です。)
  • バイオメトリクスの取得方法は?

    現在日本国内でバイオメトリクスの取得ができるのは、東京(浜松町駅)にあるビザ申請センター(CVAC)のみになります。日本国外ではこちらで取得が可能です。 ビザ申請後にバイオメトリクスの取得を指示する手紙が届いたら、30日以内にビザ申請センターにてバイオメトリクスを取得して提出します。詳しくはこちら



カナダワーキングホリデーに関するご質問
  • 1年間の費用はどれくらいかかりますか?

    ワーキングホリデーはとても自由なビザで、どのような1年間を過ごすかで予算も人それぞれです。是非担当までご要望をお知らせ下さい。お客様1人ひとりのご予算を計算し、ご案内しております。
  • おすすめの保険はありますか?

    カナダワーキングホリデービザは、滞在期間をカバーできる保険に加入することが条件になっています。ワーキングホリデー保険は、多くの保険会社で紹介しており、保険料もニーズに合わせてたくさんあります。ご自身に合った保険をお選びください。日本を出発後には、加入できませんので、カナダへご出発前に加入しましょう。
  • どの学校がよいか迷っています。

    学校によっていろいろなカラーがあります。初心者向け、アットホーム、スピーキング重視、厳しい、選択科目が多い、英語力中級以上向け、国際色豊か、アクティビティに力を入れている等など。ご要望をお知らせいただけましたら、お客様にぴったりの学校をご案内しておりますので、是非、担当までご相談ください。
  • シェアハウスは日本から決められますか?家賃はどれくらいかかりますか?

    シェアハウスは、実際に足を運んで一緒に住む人たちや家の周囲環境を確認しましょう。インターネットだけの情報ではわからないことがあります。家賃は、C$400~C$800くらいが一般的です。
  • アルバイトはすぐ見つかりますか?また、希望の職業は見つかりますか?

    アルバイトは多種多様にあります。しかし、英語力があればあるほどアルバイトの選択範囲が広がり、時給も上がります。いろいろな条件・希望がなければみなさんアルバイトが出来ておりますが、中には景気や季節の影響などもあり、アルバイト探しに苦戦する方もいます。

    アルバイト探しは掲示板、お友達情報、雑誌、新聞、インターネット、お店の張り紙などで探します。 またお店に募集は出ていなくても、履歴書を持って飛び込みで面接をお願いして、アルバイトを見つけるケースもあります。アルバイト探しは積極性と行動力が必要です。
  • 携帯電話は日本から持って行ったほうがよいでしょうか?

    現在使用されている携帯電話がSIMフリーにできるのでしたら、持参し現地のSIMを購入すると、日本と同じように使用できます。SIMなしで、スマートフォンをタブレット替わりにし、Wi-Fiを繋いで無料通話アプリを利用することもできます。
  • お金の持って行き方について教えてください。

    現金、クレジットカード、海外で引き出し可能なキャッシュカード、トラベラーズチェック、キャッシュパスポートが考えられます。銀行口座を開設した後に、ご自身の日本の口座から海外送金をすることも可能です。
  • アメリカ経由で行く場合の注意点は?

    経由のみでもESTA登録が必要になりますので、注意しましょう。
  • 入国時の手順、必要書類について教えてください。

    カナダ移民局から発行される渡航許可証はビザではありません。正式なワーキングホリデービザは入国時に入国管理官の最終判断のもと発行されます。渡航許可証を必ず印刷し、カナダ入国時に入国管理官にパスポートと一緒に提示してください。

    ※入国時にビザを受け取った際には、必ずお名前、有効期限等をその場で確認してください。万が一、間違いがある際はその場で修正するよう入国管理官に申し出ましょう。(特にExpire dateが入国日の1年後になっているか確認してください。)

    ※片道航空券で入国する場合は、入国時に理由を聞かれる場合があります。その際に、理由をしっかりと説明できることと、帰りの航空券を購入できる資金証明を証明できることが大切です。資金証明として英文の残高証明書を持参されることをお勧めします。

    ※海外保険については入国時に確認されることはほとんどありませんが、カナダワーキングホリデービザ取得の条件の一つですので、出発前に加入しましょう。

SKYフレンズは語学留学、ワーキングホリデー、ホームステイなどの留学プログラムを、分かりやすく格安な留学費用でご案内。あなたの海外生活の第一歩を応援します!