留学費用 > ワーキングホリデービザの情報

各国のワーキングホリデービザの情報

各国のワーキングホリデービザ情報 SKYフレンズは代行申請


ワーキングホリデーの制度は、二国間の協定に基づいて、最長1年間、異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために付随的に就労することを認める特別な制度です。ワーキングホリデーの制度は、両国の青少年を長期にわたって相互に受け入れることによって広い国際的視野をもった青少年を育成し、ひいては両国間の相互理解、友好関係を促進することを目的としています。

注意:ここに記載のある情報は法改正等により予告なく変更する場合もあります。必ず大使館ホームページにて最新の情報をご確認ください。

オーストラリア・ワーキングホリデービザの情報

ワーキングホリデービザ条件

ワーキングホリデービザ

・オーストラリア・ワーキングホリデービザの申請は18歳以上30歳以下(入国時に31歳でも可)
・オーストラリアに入国した日より12ヶ月間の滞在許可が、入国時に許可される
・オーストラリア・ワーキングホリデービザの有効期間はビザ発行日より12ヶ月
・1雇用主のもとで最高6ヶ月就労可能
・就学またはトレーニングが最高4ヶ月まで可能
・扶養する子供がいない
・オーストラリア・ワーキングホリデービザで以前に入国していない
・オーストラリア・ワーキングホリデービザの有効期限内は出入国が何度でも可能
・申請日・ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいる
・オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がない
・有効なパスポートがある


2回目のワーキングホリデービザ(セカンドワーキングホリデー)

2005年度11月1日より、以前にワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在中、認定された農場施設で3ヵ月以上地域農業の季節労働に従事した人であれば、2度目のオーストラリア・ワーキングホリデービザの申請が可能になりました。


・オーストラリア国内で申請:発給日もオーストラリア国内にいる
・オーストラリア国外で申請:発給日もオーストラリア国外にいる
・1回目のワーキングホリデービザでオーストラリア地域内にて3ヶ月間季節労働に従事した証明書が必要
・申請日に31歳になっていない
・オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がない
・扶養する子供がいない

健康診断

すべての申請者は健康上の基準を満たす必要があり、状況に応じて健康診断が必要となります。健康診断が必要な場合はオーストラリア大使館から連絡がきます。健康診断はビザ審査が判断される以前に受診しなくてはなりません。健康診断費は申請料金に含まれておりません。

資金証明

滞在費として十分な資金を保有していることが条件。原則としてAUS$5,000を十分な資金とみなしています。しかし、個々の滞在期間にもよるため、帰国や出国の為の航空券をあらかじめ用意するか、帰国時の航空券を現地で購入するための資金は用意すべきです。場合によって、資金証明を要求される場合がある。

ワーキングホリデービザ申請料金

オーストラリア・ワーキングホリデービザの申請料金AUS$440(2016年01月現在)

ワーキングホリデービザ申請方法

日本在住の方は、インターネットで申請を行わなくてはなりません。

ワーキングホリデービザ支払方法

申請料金(AUS$440)はクレジットカード決済となります。Visa, MasterCard, American Express, Diners Club International, JCB, Bankcard が使用可能。自分名義でなくても大丈夫です。(例、父親のクレジットカード等。カード名義人が使用を了承していればどなたのものでも構いません)

発給期限

一年間のビザの発給数に一応の制限があり

オーストラリア
大使館HP

オーストラリア・ワーキングホリデー申請サイト

カナダ・ワーキングホリデービザの情報

ワーキングホリデービザ条件

・カナダ・ワーキングホリデービザの申請は18歳以上30歳以下(入国時に31歳でも可)
・ビザ許可書の発給通知書の発行日から1年間以内にカナダに入国する。

・カナダに入国してから通常1年間の滞在ができる。
・1雇用主のもとで最高12ヶ月就労可能
・就学またはトレーニングが最高6ヶ月まで可能
・カナダ・ワーキングホリデービザで以前に入国していない。
・カナダ・ワーキングホリデービザの有効期限内は出入国が何度でも可能
・カナダで仕事が内定していない
・有効なパスポートがある

追加指示

審査過程でカナダ移民局より健康診断もしくは無犯罪証明書の提出を求められる場合があります。

資金証明

カナダ入国の際に当面の生活費の証明が必要です。片道航空券で入国される方は、特に帰国に必要な旅費を持っていることを証明する必要があります。
目安として最低50万円程の残高証明書を用意されることをお勧めします。

ワーキングホリデービザ申請料金

$250(2016年03月現在)

ワーキングホリデービザ申請方法

オンライン申請。

ワーキングホリデービザ支払方法

カナダワーキングホリデーの申請方法は最近とても難しくなっています。以前はカナダ大使館にビザ申請書類を郵送しての申請だけでしたが、2014年からすべてオンラインでのビザ申請方法に変わりました。オンライン申請もスキャナーなどパソコン機器を持っていないと申請が難しく、また英語での申請書、履歴書、家族情報などのいくつかの書類を提出をしなければいけません。

発給期限

2016年のカナダ・ワーキングホリデープログラム参加者の枠は6,500人です。人数を満たした時点で打ち切られます。

カナダワーキングホリデービザ申請代行の詳細ページ

カナダワーキングホリデー ビザ申請代行費用 無料~の詳細はこちら

ニュージーランド・ワーキングホリデービザの情報

ワーキングホリデービザ条件

・ニュージーランド・ワーキングホリデービザの申請は18歳以上30歳以下(31歳の誕生日前に出発すること)
・ニュージーランドに入国した日より、12ヶ月の滞在許可が入国時に許可されます(ニュージーランド国内でニュージーランド・ワーキングホリデービザを取得した場合、すでにニュージーランドにいるため、発行された日から1年間の滞在となります)
・ビザ申請後12ヶ月以内にニュージーランドに入国する必要があります
・1雇用主のもとで最高12ヶ月就労可能
・就学またはトレーニングが最高6ヶ月まで可能
・子供を同伴しない既婚者。
・ニュージーランド・ワーキングホリデービザで以前に入国していない。
・ビザ有効期限内は出入国が何度でも可能
・有効なパスポートがある


ニュージーランド・ワーキングホリデー 3ヶ月延長

ワーキングホリデーの期間をさらに3ヶ月延長できるようになりましたが、条件があります。

・すでにニュージーランド・ワーキングホリデービザでニュージーランドに滞在している方
・ワーキングホリデーの12ヶ月のうち、計3ヶ月以上、フルーツピッキングなど、ニュージーラ  ンド国内の農園でのアルバイトをしたことを証明できる方
申請方法: 現地のニュージーランド移民局でWorking Holiday Extension Permitを申請してください。ニュージーランド国外での申請、オンラインでの申請は不可能です。

健康診断

申請をしたら、ニュージーランド移民局よりメールで連絡があり、TB(結核)スクリーニング用紙(Temporary Entry X-Ray Certificate NZIS1096)で診察を受けるように指示があります。この用紙はニュージーランド移民局ホームページからダウンロードができます。指定用紙を用いて指定病院、指定医師のもとで診断を受けて下さい。検査終了後、用紙は指定されているニュージーランド移民局へお送り下さい。(日本にあるニュージーランド大使館は指定されていませんので、ニュージーランド大使館には用紙を送らないでください。)

ワーキングホリデービザ申請料金

日本国籍の方で、日本国内で申請する場合は無料。

ワーキングホリデービザ申請方法

ニュージーランド・ワーキングホリデービザは、ニュージーランド移民局のホームページよりオンラインで申請して下さい。

ニュージーランド大使館HP

ニュージーランド・ワーキングホリデービザの申請手引き

ワーキングホリデーのビザ代行申請サービス
Copyright(C)2011 SKYFRIENDS.LLC.Inc All rights reseved.

SKYフレンズは語学留学、ワーキングホリデー、ホームステイなどの留学プログラムを、分かりやすく格安な留学費用でご案内。あなたの海外生活の第一歩を応援します!