留学費用 > オーストラリア ワーキングホリデー

スカイフレンズのオーストラリア・ワーキングホリデー

学校手配+ワーキングホリデービザ申請代行をセットで、自分で手配するよりお得に!

2018年オーストラリアワーキングホリデービザ申請サポート+学校手配でさらにお得!

オーストラリアワーキングホリデービザ申請代行サポート


世界で最も旅したい国にも選ばれたオーストラリアは、多くの世界遺産を始めとする観光スポットがたくさんあります。

一年を通して温暖な気候で過ごしやすく、美しいビーチもたくさんあり、ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツが楽しめます。

オーストラリアは世界で6番目に面積の大きい国です。広さは日本の国土の約22倍もある国土で、人口は約2,000万人です。オーストラリアの共通語は英語ですが、その他に100以上の言語や様々な先住民の言葉が話されています。オーストラリアは日本の季節とは反対です。気候は、他の国に比べても最も過ごしやすい方で、年間通じて温暖な気候です。日本との時差は州によって若干異なりますが、およそ1時間オーストラリアが進んでいます。

ニュージーランド・ワーキングホリデーの魅力

セカンドワーキングホリデー

通常ワーキングホリデーは1年間。オーストラリアは、国が認める農場で3カ月以上就労経験があり、年齢(18歳-30歳)等の条件が満たされていれば、2年目のワーキングホリデービザを取得可能。

親日的な人が多く、フレンドリーな国民性

オーストラリアは、高校、大学等で日本語を第二外国語として勉強している人が多く、親日家が多い。人柄がとてもフレンドリーで明るい国民性なので、地元の人とも仲良くなりやすい。

アジア系移民が多い

世界中からの移民が住んでいて、アジア系移民も多いため、馴染みやすい。アジア系食材店もあるので、お米はもちろん、お醤油や味醂等の調味料も手に入りやすい。日本食を自炊できる。

温暖な気候

南半球にあるので、日本とは季節が逆。サンタクロースがサーフィンに乗ってやってくる国。 日本が寒くなる時期に出発をすると、オーストラリアは暖かいので、得した気分になる。 冬は南(シドニーやメルボルン、タスマニア等)に行くほど寒くなるが、雪が降るほどではない。

とにかく広い!

日本の国土面積の約20倍。都市によって、気候も雰囲気も違う。主要都市は、沿岸にあり、美しいビーチが身近にある。

車は右ハンドル

日本と同じ、右ハンドル左側通行なので、レンタカーを借りて運転しやすい。日本車がたくさん走っている。

マリンスポーツ

世界遺産のグレートバリアリーフがあり、ダイビングやスノーケリング、サーフィン等のマリンスポーツが楽しめる。

動物

郊外を旅行すると、オーストラリアでしか見られない野生のコアラやカンガルー、ウォンバットを見ることができる。街中で、日常生活をしている中でも、色鮮やかなオウムやペリカンがいる。

都市選び

オーストラリアワーキングホリデーを開始当初は、銀行口座の開設の仕方、Tax File Numberの取得方法やシェアハウス、アルバイト探しをどうしたらよいか、不安だと思います。 それらの情報は、主要な都市(ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、メルボルン、パース)であれば、無料で利用できるエージェントがあるので、最初の渡航先は、主要都市からスタートすると便利です! 学校は、4ヶ月まで通うことができます。語学学校とホームステイ4-16週間お申込みをして、英語と環境に慣れた頃に、シェアハウスやアルバイトを探す方が多いです。 日本で勉強しているのは、一般的にアメリカ英語なので、オージーイングリッシュのスラングに最初は戸惑うことでしょう。

例) 私がオーストラリアで戸惑ったスラングは、 Ta!! →Thank You!!  を省略した表現 店員さんがよく使う言葉です。省略しすぎじゃないですか?!笑 教科書では習わない英語表現ですよね。

オーストラリアのカフェ

オーストラリアはイギリスからの移民の国ですので、カフェ文化が発達しています。日本でもパンケーキで有名なBill’sはオーストラリアのカフェです。 日本のカフェでは、アイスコーヒーを注文すると、ブラックコーヒーが出てきますよね?オーストラリアでアイスコーヒーを注文すると、アイスカフェラテにクリームがたっぷり浮かんでいるものが出てきます。カフェのメニューには、カプチーノ、フラットホワイト、ショートブラック、ロングブラック、アイスコーヒー等、種類がたくさんあります。

オーストラリアのパブ

オーストラリア人(略してオージー)は、ビールやワインが大好き。パブ(日本でいう立ち飲み居酒屋)がたくさんあり、社交場になっています。オーストラリアへワーホリに行くと、学校のアクティビティやお友達とパブに行くことがしばしばあります。日本人は年齢よりも若く見えますし、パブへ入る時の年齢の取り締まりやお酒の販売はとても厳しいのでID(パスポート)は、持って出かけましょう。持っていないと、自分だけパブの中に入れないということになる可能性があります。 また、パブなのに、HOTELという名前のパブが多く点在します。これは、昔、夜遅くにお酒を提供してよいのは宿泊者のいるHOTELだけが許可されていたためと言われています。 ワーキングホリデーはとても自由なビザなので、ラウンド(オーストラリア一周の旅)したり、セカンドワーホリを希望する方は、政府認定のファーム住み込みアルバイトを探すのも良いですよね!

どんなアルバイトがあるか?

これは、実際に私がワーキングホリデー中に周りの友達がやっていたアルバイトです。 日本食レストランのウエイター・ウエイトレス・キッチンハンド、お土産物屋さんの販売、美容師、ネイリスト、ツアーガイド、留学会社スタッフ、フルーツ野菜収穫、ベッドメイキング、ベビーシッター、日本人現地情報誌編集取材スタッフ、免税店スタッフ、ドライバー、ダンスレッスンのインストラクター、大道芸人

自分で手配するよりお得に行ける!SKYフレンズのプログラムお申し込み特典!
  • 現地サポート
    ホームステイ先の手配、銀行開設のサポート、職探しサポートなどの現地でのサポート。
  • ビザ申請代行料金が無料!
    ビザ申請代行+学校手配のお申し込みで、通常7,500円のビザ申請代行が無料に!
  • 各種割引で最大3万円OFF!
    早割、SKYフレンズ割引、学生割引などの適用で、最大3万円OFFに!

※現地サポートはオークランドのみとなります。

おすすめプログラム:2カ国留学+ワーキングホリデー

費用を抑えて短期間で英語力アップ!ワーキングホリデーを有意義に過ごそう!

1国目:セブ島
セブ島留学のメリットとは?

セブ島留学のメリットはなにより、費用を抑えて、短期間で英語力をアップが期待できることです。授業時間もたっぷりあり、マンツーマン主体で学べることも魅力のひとつ。フィリピン人は世界中に出稼ぎに行く国民性があるので、どこの国へ留学や、海外赴任をしても、身近にフィリピン人はいます。将来ビジネスをするにも、良い経験になります。また、韓国人の留学生も多く、韓国の友達ができ、韓国語も学べるかもしれないですね。 事前に英語力をつけておくことで、2倍も、3倍も充実したワーキングホリデー生活が楽しめるでしょう!

マンツーマン主体の授業構成。授業時間は300時間!

CDU ESLセンター
フィリピン、セブ島にあるCDU ESLセンターは、空港からもシティからも近い好環境。セブ島でも安全な地域に位置しているので、安心して生活できます。授業はマンツーマン主体で構成されており、短時間にみっちり英語力を鍛えられる環境です。セブ島ならではの、アクティビティに加えて、隣接するセブ医科大学の生徒との交流も盛んです。学校施設が充実しているのも魅力のひとつ。日本人のテイストに合わせたビュッフェスタイルの食事も毎日楽しめます。

CDU ESLセンター日本人現地スタッフのコメント
スタッフイメージ

当校はマンツーマンレッスン中心の授業になり、短期集中的に英語力を上げるプログラムを提供しています。またセブ医科大学付設の学校になり、約150人の医大生が一緒に寮生活しています。学んだ英語をすぐに実践でき、アクティビティも豊富にあります。 学校は文教地区にあり、とても安全・便利なエリアにあります。私は一番に周辺環境をおすすめします。コンビニ、ファーストフード、、各種レストラン、カフェ、マッサージショップ、ショッピングセンターなど放課後に気軽に行ける環境です。

CDU ESLセンター 日本人現地スタッフ Hironobu Fukai

【寮滞在費・ビザ代全額会社負担!】セブ島・CDU ESLセンター現地スタッフ募集!

募集職種

学校スタッフ

仕事内容

日本人マネージャーのアシスタント、学生サポート、学校運営、Eメールでの留学相談に対する回答

雇用形態

12ヶ月以上

応募資格

20歳以上 留学カウンセラー経験者歓迎、・基礎的なパソコンスキル(ワードとエクセル)

勤務地

セブ島(日本出張あり)

勤務時間

8時間/日

給与

月給 100,000円以上 ※年齢・経験・能力を考慮し最終決定いたします。 ※現地生活費は平均3~4万円/月になります。

待遇

賞与あり、寮の滞在費用全額負担 (1日3食含む)、 ビザ代全額会社負担、往復航空券

休日・休暇

週休2日(長期休暇あり)

応募方法

info@cduesl.jpまで履歴書を添えてご連絡ください

学校HP

http://cduesl.jp

【寮滞在費・マンツーマン英語授業無料!】CDU ESLセンター学生インターンシップ募集!

募集職種

学生インターンシップ

仕事内容

学生サポート業務/ Webサイト・SNS・ブログなどでセブ情報の発信/ その他学校業務に関わる業務全般

雇用形態

4ヶ月以上

応募資格

20歳以上 やる気のある方! 英語力を上げたい方!ワーホリ生活を充実させたい方!人が好きな方!歓迎 ホテル/旅行/調理師経験者歓迎 *未経験者可

勤務地

セブ島

勤務時間

・月~金 : 午前8時~午後12時40分 又は 午後12時20分~午後5時のどちらか。
・土 : 午前9時~午後12時
・日 : 新入生のピックアップがある場合は、その時間帯および学校よりその他指定された時間。

給与

無給 (頑張り次第で報酬あり) ※現地生活費は平均3~4万円/月になります。

待遇

寮の滞在費用全額負担 (1日3食含む)、 1日4時間のマンツーマン授業が無料で受講可能

休日・休暇

週休2日

応募方法

info@cduesl.jpまで履歴書を添えてご連絡ください

学校HP

http://cduesl.jp

2国目:オーストラリア
語学学校へ通うメリットとは?

ワーキングホリデーで1年間生活していく国である、語学学校へ通うメリットは、オーストラリア独特の英語を学べるだけでなく、語学学校では国の文化や、生活における情報をもとにした、授業もありますので、その後の生活にも活かせる経験がたくさんできます。学校へ通うことで、世界各国からの学生との交流できるので、友達を作るのには最適の環境です。 まずは、現地の語学学校からスタートすることは、現地のコミュニティに溶け込む一番の近道です。

プログラム対象の語学学校
オーストラリア政府が定める教育認定機関の認定校

シドニーカレッジオブイングリッシュ シドニー
シドニーカレッジオブイングリッシュ(SCE)は、シドニー中心部にほど近く、周辺はシドニー大学、シドニー工科大学、TAFE(公立専門学校)などが集まる活気あふれる学生街にあります。 セントラル駅から徒歩10分、最寄りのバス停からは徒歩2分の距離。近くには、映画館やスーパーなどが入った大型ショッピングセンターや数多くのカフェがあり、充実したオーストラリア学生生活が送れます。

居心地の良い環境と何でも相談できる協力的なスタッフの環境づくり

アクセスランゲージセンター シドニー
アクセスランゲージセンターは、シドニー最大の駅セントラルステーションから徒歩3分の距離に位置し、電車やバス通学にとても便利です。周囲にはフードコートやカフェがあり、ショッピング街にも徒歩圏内の好立地。年間を通して32カ国以上からの留学生に文化、ビジネス、進学、または観光といったあらゆるニーズにあったプログラムを提供している。ダイレクトエントリープログラムを通して提携のあるオーストラリアの大学や専門学校に直接入学することができる。

オーストラリア・ワーキングホリデービザの情報

ワーキングホリデービザ条件

ワーキングホリデービザ

・オーストラリア・ワーキングホリデービザの申請は18歳以上30歳以下(入国時に31歳でも可)
・オーストラリアに入国した日より12ヶ月間の滞在許可が、入国時に許可される
・オーストラリア・ワーキングホリデービザの有効期間はビザ発行日より12ヶ月
・1雇用主のもとで最高6ヶ月就労可能
・就学またはトレーニングが最高4ヶ月まで可能
・扶養する子供がいない
・オーストラリア・ワーキングホリデービザで以前に入国していない
・オーストラリア・ワーキングホリデービザの有効期限内は出入国が何度でも可能
・申請日・ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいる
・オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がない
・有効なパスポートがある


2回目のワーキングホリデービザ(セカンドワーキングホリデー)

2005年度11月1日より、以前にワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在中、認定された農場施設で3ヵ月以上地域農業の季節労働に従事した人であれば、2度目のオーストラリア・ワーキングホリデービザの申請が可能になりました。


・オーストラリア国内で申請:発給日もオーストラリア国内にいる
・オーストラリア国外で申請:発給日もオーストラリア国外にいる
・1回目のワーキングホリデービザでオーストラリア地域内にて3ヶ月間季節労働に従事した証明書が必要
・申請日に31歳になっていない
・オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がない
・扶養する子供がいない

健康診断

すべての申請者は健康上の基準を満たす必要があり、状況に応じて健康診断が必要となります。健康診断が必要な場合はオーストラリア大使館から連絡がきます。健康診断はビザ審査が判断される以前に受診しなくてはなりません。健康診断費は申請料金に含まれておりません。

資金証明

滞在費として十分な資金を保有していることが条件。原則としてAUS$5,000を十分な資金とみなしています。しかし、個々の滞在期間にもよるため、帰国や出国の為の航空券をあらかじめ用意するか、帰国時の航空券を現地で購入するための資金は用意すべきです。場合によって、資金証明を要求される場合がある。

ワーキングホリデービザ申請料金

オーストラリア・ワーキングホリデービザの申請料金AUS$445

ワーキングホリデービザ申請方法

日本在住の方は、インターネットで申請を行わなくてはなりません。

ワーキングホリデービザ支払方法

申請料金(AUS$445)はクレジットカード決済となります。Visa, MasterCard, American Express, Diners Club International, JCB, Bankcard が使用可能。自分名義でなくても大丈夫です。(例、父親のクレジットカード等。カード名義人が使用を了承していればどなたのものでも構いません)

発給期限

一年間のビザの発給数に一応の制限があり

オーストラリア
大使館HP

オーストラリア・ワーキングホリデー申請サイト


オーストラリアワーキングホリデービザ申請方法の流れ

オーストラリアのワーキングホリデービザ申請はオンラインでのみ可能です。申請費用はA$445(オーストラリアドル)です。

オーストラリアワーキングホリデービザ申請代行の流れ

※在日韓国人の方も受け付けております

SKYフレンズは語学留学、ワーキングホリデー、ホームステイなどの留学プログラムを、分かりやすく格安な留学費用でご案内。あなたの海外生活の第一歩を応援します!